WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

眉下切開手術(ブローリフト)

眉下切開手術(ブローリフト)とは

加齢による皮膚のたるみでまぶたが垂れ下がってきてしまい視野が狭くなってしまいます。
視野を広げようとするとおでこにシワができやすくなり、ますます老けた印象を与えてしまいます。
眉下切開では眉下に沿って、たるんだ上まぶたの皮膚を切除します。
通常のまぶたのたるみを取るのとは違い眉下切開では、傷が目立ちにくく、二重の部分をさわらないので、自然な目の印象を保ちつつたるみを解消できます。
上まぶたのはれぼったく重い方、二重の幅を広げたい方にもおすすめです。
目元がスッキリするだけで、違和感なく若々しさを取り戻せます。

眉下切開手術の ”傷跡がわからない” ”仕上がりが美しい” 理由は?

皮膚が引きつれない縫合技術

眉下切開手術は、上側の切開線と下側の切開線の長さが違うため、皮膚に引きつれが出てしわ寄せ状態になります。
引きつれを避けるには、しっかりと適格なデザインをし、よれを細かく修正しながら縫合技術を用いて丁寧に行う必要があります。
W CLINICでは、熟練した医師のみが手術を行います。

眉毛をきれいに残す技術

一般的な眉下切開術は、眉毛の毛根まで切開ダメージを与えるので、毛が生えてこなくなるというリスクがありました。
W CLINICの眉下切開術は、切開技術を用いて眉毛を残す方法で行います。眉毛が残ることで傷跡も目立たなくなります。

個人個人の目に合ったデザインを行います

たるみの症状や目の位置・大きさなどは個人によって様々です。
その症状に合ったデザインをしっかりと行うことでより美しい仕上がりを実現することができます。

ダウンタイム

施術時間 1時間ほどで終了します。(両側)
麻酔 局所麻酔で行います。
腫れ・傷跡 個人差はありますが、1週間程度は腫れが出ます。
切開した傷跡は1~2ヶ月で爪で引っかいたような白い線状になり、眉の生え際のためほとんど目立たなくなります。
その間はメイクで隠せる程度なのでご安心ください。
通院ペース 1週間後に抜糸があります。
お薬 5日分(抗生剤/痛み止め)
メイク 患部以外は当日より可能。
アイメイクは抜糸後翌日より可能。
シャワー・入浴 シャワーは患部以外は当日より可能。患部は翌日より可能。
入浴は翌日から可能ですが、お体を温めると腫れが長引く場合がありますので、長時間の入浴は避けて下さい。
洗顔は1週間程は強く擦らないように注意。
備考 手術当日に、腫れが心配な方はサングラスやメガネや帽子をご持参ください。

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.