WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

涙袋形成(ヒアルロン酸)

涙袋形成(ヒアルロン酸)とは

目の下にあるふっくらとした膨らみが「涙袋」。
涙袋は別名”ホルモンタンク”と呼ばれ、涙袋がはっきりしていると魅力的といわれています。
目が大きく見える人は、男女かかわらず涙袋がある人が多く、目が特徴的な芸能人にも涙袋が多くみられます。
パッチリと愛らしく、立体的な目元になりたい方におすすめです。
涙袋は、下まつ毛から5~8ミリほど下にあるのが一般的。
自然でふんわりとした雰囲気の目元を作るには、ヒアルロン酸をその位置にバランスを見ながら注入します。
施術は数分で終了し、ダウンタイムもないので人気の施術です。

涙袋形成に適したヒアルロン酸の種類

  商材写真 持続
テオシアル
リデンシティーⅠ、Ⅱ
約6~12ヶ月

ダウンタイム

施術時間 10分ほどで終了します。
麻酔 なし。
痛みが心配な方には、麻酔テープ(1枚¥120)か麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000必要)
腫れ・傷跡 カニューレという先が丸い特殊な針を使用しますので、痛みが軽減され大きな腫れや赤みはありません。
内出血ができにくいのも特徴です。直後は針穴程度の傷跡ができますがすぐに消失します。
体質により稀に内出血が出る場合がありますが、メイクで隠せる程度です。打ち身と同じなので数日で改善します
通院ペース 検診は特になし。
ヒアルロン酸の種類によって異なりますが、(6ヵ月~1年)気になった時に追加注入にお越しください。
お薬 なし。
メイク 当日より可能。
シャワー・入浴 シャワーと入浴は当日より可能。
洗顔は患部を強く擦らないように注意。
備考 注入部分のマッサージは避けて下さい。
使用するカニューレに別途¥3,000必要になります。

ヒアルロン酸注入後の修正「ヒアルロニダーゼ」

ヒアルロン酸を注入した後、万が一思っていた仕上がりにならず修正したい時に、ヒアルロン酸を分解する注射「ヒアルロニダーゼ」があります。
注入過多や凹凸など、気になる部分にヒアルロニダーゼを少量注入することで改善することができます。
量や部位によって効果は変わりますが、早い方で翌日にはヒアルロン酸が分解・吸収され、また1週間程度むくんだような感じになりヒアルロン酸が吸収されるケースもあります。
1回で満足される方もいらっしゃいますが、2回程の注入が必要な場合もございますので、まずは診察をおすすめ致します。

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.