WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

WCLINIC

WCLINIC ANNEX Wメンズクリニック Wクリニックロイヤル

目頭切開法

目頭切開法とは

多少の間隔で目が離れていると、可愛らしい印象になりますが、離れ過ぎているとアンバランスな印象になってしまいます。
大人っぽい美しい目の比率は「目→目」と、「目の間→目」の横幅の比率が1対1対1といわれています。
目頭切開法は、目を中央に寄せながら切れ長の大きな目にするのが目的です。
手術方法は、アジア人特有の目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ヒダ)を少しだけ切開することで、目元の印象を変えるという施術です。これによって、ひと回り大きな切れ長の目になると同時にアイラインの幅も広がり黒目がはっきりと強調されます。
目元の印象は、1ミリ単位で変わりますので、ごくわずかな変化を希望する場合も可能ですのでお気軽にご相談ください。

蒙古ひだで目元の印象が変わります!

蒙古ひだとは、アジア人特有の目の形で上まぶたから目頭にかけて覆いかぶさっている、膜状になった皮膚のことを指します。
蒙古ひだがある目は、幼く子供っぽい印象を与えがちです。
反対に蒙古ひだがない目は、大人びた美人顔で、欧米人のような目の印象を与えます。
末広型の二重ラインも、蒙古ひだのかぶさりが強い人に多くみられます。
最近は、ぱっちりとした平行型の二重ラインを希望される方が非常に増えています。
蒙古ひだがあっても平行型のラインを作ることはできますが、かぶさりが強い方は、二重の手術と一緒に目頭切開手術を一緒にされることをおすすめしています。

寄り目になりませんか?

目頭切開術はデザインの仕方で左右の目頭同士の距離を近づけないようにすることができます。
目と目の幅が34~36mm位が一般的な幅で、30mm以内だと寄り目で、37mm~40mm以上ですと目が離れていと言われています。
お顔の大きさや鼻の高さ・大きさなど全体を考え、その方に合ったバランスでデザインし、目頭切開法の様々な術式から選び施術していきます。
ミニZ法 W(内田)法 平賀法 皮膚切除法
切開が小さいので傷跡が目立たないのが特長です。 平行型の二重ラインにしたい方に。 目頭をシャープな印象にしたい方に。 ベーシックな術式で、軽い蒙古ひだの方に。

ダウンタイム

施術時間 30分ほどで終了します
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔で行います
腫れ むくみ程度の腫れが出る方もいますが大きな腫れはありません
通院ペース 1週間後に抜糸があります
お薬 5日分
メイク 患部以外は当日より可能。患部は抜糸後翌日より可能

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【アンチエイジングの治療】
~糸による施術~ ~注入による施術~
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.