WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

陥没乳頭手術

陥没乳頭手術

凹んでいる乳首、平坦な乳首のことを陥没乳頭と言います。
原因は、乳腺と乳管の発達のアンバランスで起こります。
乳首を指で引っ張っても外に出ないものを「真性」、すぐに出るものを「仮性」と呼び、その状態をそのまま放っておくと、授乳ができないというケースもあります。
「仮性」の場合、授乳可能な場合もありますが、「真性」と同様、へこんでいる部分に汚れがたまり、雑菌が繁殖し、乳腺というお乳をつくる器官が炎症を起こす乳腺炎という病気になるケースもあります。
陥没乳頭は立派な病気と判断し、出産するまでにきちんと治療することをおすすめします。

特徴

陥没乳頭手術も様々な手術方法があります。
これら手術法に共通するのは、乳頭を引っ張り出してしてその根本を色々切って細くして逆戻りを防ぐという方法です。
短時間の治療で終了し数ミリの切開で効果が出る埋没法と、乳首の周囲を3か所ほどZ型に切開する方法の2種類が代表的です。
当院では、患者様への負担を最小限に考えて、埋没法をおすすめしております。
まずは診察させていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

陥没乳頭は美容的な問題だけではありません

乳首の見た目だけではなく、「真性の陥没乳頭」の場合は授乳ができません。
「仮性の陥没乳頭」の場合は、授乳は可能ではありますが、真性と同じく凹んでいる部分に汚れが溜まって雑菌の繁殖しやすい状況を作ってしまいます。 それにより、乳腺炎という病気を併発するリスクが高くなってしまいます。

乳腺炎という病気のリスク

乳腺炎とは、母乳を作るための乳腺という器官が炎症を起こしてしまう病気です。
放置していると、正常な乳腺の部分まで炎症が広がってしまい、うつぶせで寝ることもできないぐらい激しい痛みを伴い、発熱や悪寒で日常生活に支障をきたすことになります。
更に放置すると、膿が溜まり乳房内に膿瘍ができ、どんどん悪化していきます。
そうなってしまうと、切開排膿での処置が必要となります。
※陥没乳頭手術は保険適応になる場合があります!
陥没乳頭治療に保険が適応されるには、陥没乳頭により今後授乳に障害がある・困難であると思われる場合です。
また、ご年齢が40歳未満の方に限り適応になります。
最終的には医師の診断によりますので、まずは診察を受けて頂くことをおすすめします。

ダウンタイム

施術時間 60分ほどで終了します。
麻酔 局所麻酔で行います。痛みに弱い方はリラックスできる笑気麻酔もございます。
腫れ・傷跡 傷跡は乳輪に沿って切開するのでほとんど目立ちません。
腫れや赤みは個人差はありますが、1~2週間ほどで治まります。
通院ペース 抜糸のために1週間後に1回診察にお越しください。
お薬 5日分(抗生剤/痛み止め)
シャワー・入浴 シャワーは当日より可能ですが患部をぬらさないように気を付けてください。
入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、抜糸の翌日からにしてください。
備考 患部に糸がついた状態ですので、抜糸まではキャップのような器具で保護します。必要以上に患部は触らない様にしてください。
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【アンチエイジングの治療】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.