WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

WCLINIC

WCLINIC ANNEX Wメンズクリニック Wクリニックロイヤル

細胞再生注射

細胞再生注射とは

細胞再生注射とは、フランスのフィロルガ社が開発、生産している胎児臓器療法による活力再生、若返りを目的とした注射です。
細胞再生注射は、羊から抽出した細胞エキスを体内に注射することで、細胞に“活力”を与え、身体の内側・臓器から若々しく再生させる、今までにない新しいエイジングケアです。
羊の細胞を使用する理由は、羊は生命力が強く、病気に対する強い免疫力を持っています。
更に、羊のタンパク質はヒトの身体に対して適応性が高く、免疫反応やアレルギー反応も起こさず安心して治療を受けることができるからなのです。
すべての脊椎動物の身体を構成する、約200種類の主細胞は同じもので、これを「器官特異性の原則」と呼ばれます。
細胞再生注射は、この器官特異性の原則を応用し、細胞の再生に必要な成分を注射によって補給することで、各機能を活発な状態に回復させるという最新のエイジングケア治療法です。

特徴

細胞再生注射は、筋肉注射で行うスーパープラセンタ”FILORGA BRM 4in1” (トータルアンチエイジング細胞抽出液)と、水光注射で行う”EB~エンブリオブラスト~”( 肌用 細胞再生抽出液)があります。
スーパープラセンタフィロルガBRM 4in1(幹細胞エキス)は、性別に合わせたトータルアンチエイジング器官特異性細胞抽出液です。
4種類の器官細胞抽出液を組み合わせたもので、これ1本で身体全体の総合的な ”アンチエイジング効果”+”性別特有の疾患” に対して有効に働きます。 臓器から若々しい活力を取り戻すことができる最新の再生アンチエイジング治療です。

※男性用・女性用の2種類があります。
●女性用:全胚・胸腺・全脳・卵巣(女性の活性化)
●男性用:全胚・胸腺・全脳・精巣(男性の活性化)
全胚 内分泌細胞の活性化、疲労回復を促進
胸腺 免疫システムの強化、ウイルス侵入への対抗、若返り
全脳 記憶力強化、脳細胞の活性化促進、痴呆症予防
卵巣(女性) 血管や肌の弾力性、月経の調整、更年期障害と妊娠障害を遅らせる、うつ病の緩和
精巣(男性) 男性ホルモンの産生のバランスを調整、血中脂肪やコレステロール減少、性欲低下を抑止

治療方法

まずは10回の注射をお勧めしています。
最初の5回は1週間おきに1回、6~10回目は1ヵ月に1回のペースで受けていただきます。
10回目以降は、メンテナンスとして3ヶ月に1回の注射をおすすめ致します。
お肌用に作られた細胞再生注射です。
皮膚内層に注射をすることで、EB(胚結節:エンブリオブラスト)をお肌内部に直接届けることが出来ます。
EBは細胞増加に必要とする全ての細胞物質・栄養素を保持しています。
皮膚が本来もつ再生機能を強化・補強し、刺激を与え、シワやたるみなどといった皮膚の老化・予防または修復を促します。

治療方法

まずは3回の水光注射をおすすめします。
最初の3回は、皮膚細胞の再生にかかる時間と関連しているため最も重要な期間です。
10日に1回ペースで受けていただくことをおすすめ致します。
その後はお肌の状態に合わせ、2週間、3週間、1ヶ月、2・3ヶ月と間隔をあけてメンテナンスを続けて治療することをお勧めしています。

ダウンタイム

施術時間 20分ほどで終了します
麻酔 痛みがご心配な方は、オプションで表面麻酔をご用意しております。
・ペンレステープ麻酔1枚¥120 ・クリーム麻酔¥1000
腫れ 腫れはありませんが、ニードルによる赤みが1~2日ほど出る場合があります
通院ペース 3ヶ月に1回の照射をおすすめします
お薬 外用薬処方
メイク 患部以外は当日から可能。患部は翌日から可能
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【アンチエイジングの治療】
~糸による施術~ ~注入による施術~
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.