WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

がん遺伝子検査

癌(がん)遺伝子検査とは

癌(がん)遺伝子検査とは、誰にでも起こりうる後天的な要因(生活習慣・生活環境・ストレス・加齢など)により、増大するがんのリスクを「超」早期に評価する検査です。
PETなど検査機器の進歩で5mm程度の癌(がん)も診断できるようになりましたが、5mmのがんはもう「一人前の癌(がん)」であり、この大きさになるまで約5~20年ほどかかると言われています。
1人前の癌(がん)に成長する前に、癌細胞の存在リスクを評価し、癌(がん)を予防するチャンスを与えてくれるのが、「癌(がん)遺伝子検査」です。
癌(がん)は、遺伝子のキズが重なって出来る病気です。遺伝子のキズを高濃度ビタミンCなどで防ぐ最新治療法もあります。早期発見で積極的な予防医療が可能になっています。

がん遺伝子検査 「CanTect」とは

CanTectは、遺伝などの先天的な遺伝子情報を調べるのではなく、現在自分の体の中で進行しているかもしれないがん細胞の、後天的な変化を調べます。
がんになる前の「超早期がんリスク評価」を行い、がんを未然に防ぐというチャンスを与えてくれます。
がん治療後の患者様には、「再発に向かっていないか?」「改善されつつあるのか?」などといった、再発予防管理にもなりますので安心です。

がん遺伝子検査の目的

●“超“早期がんリスク評価

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。
これにより、“超“早期がんリスク評価、早期治療、治癒率向上を目指します。

●予防管理

微細ながんの存在リスク、遺伝子変異による発がんリスクの評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。
これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。

●再発防止管理

がん治療後のがん再発リスクを評価します。
がん治療後、定期的な遺伝子検査により、「がんが再発にむかって進行しているのか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止指導に役に立ちます。

遺伝子検査でわかる”がんの関連遺伝子”

がん遺伝子検査の流れ

採血をするだけの検査です。
放射線被爆、狭量な電磁波などによる影響もなく、安心して検査を受けて頂くことができます。

1、まずはカウンセリングにてしっかり説明

医師より検査についての説明をさせて頂き、検査の同意書を頂きます。(インフォームドコンセント)

2、検査に必要な採血をします

血液を採取します。検査当日はこれで終了です。
約4週間後に出る結果のために、ご予約して帰宅となります。

3、検査結果のご報告

約4週間後には、結果が出ていますので、医師より直接検査の結果をお渡して説明させて頂きます。
検査結果に応じて、がんの有無、がんリスクの有無、今後の予防や管理などをアドバイスさせていただきます。

※結果に応じての治療例

  • がん遺伝子検査結果でリスクなしの場合 ・・・治療の必要はありません。
  • がん遺伝子検査で「がんの疑い」の場合・・・がんの専門病院を紹介させていただきます。
  • がん遺伝子検査でがんの状態が出た場合・・・高濃度ビタミンC点滴、血液クレンジングなどで、正常細胞に戻す治療をします。
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.