WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

フードアレルギー検査

フードアレルギー検査とは

この食物を食べると、大きな症状は出ないけれど、なんとなく具合が優れない、体調を少し崩す気がする…と思ったことはありませんか?
そのような気分に心当たりのある方は、遅発型のフードアレルギーの可能性が考えられます。
例えば下記のような症状がある方は、普段気にせずに摂取している食べ物が関係している場合があります。

即時型アレルギーと遅発型アレルギー

【即時型アレルギー】

一般的によく聞く食物アレルギーの代表は、卵、大豆、牛乳、そば、甲殻類(えび・かになど)に対するアレルギーです。
食べるとすぐに症状が出るのが特徴で、かゆみ、むくみ、蕁麻疹、呼吸困難などの症状が問題になっています。
このようにすぐに症状の出るアレルギーは、即時型アレルギー(Ⅰ型アレルギー)といいます。
ひどい場合は、アナフィラキシーショックを起こすような重症な場合もあり、命にもかかわってきます。
即時型アレルギーは、”IgE抗体”が関与するもので、すぐに典型的な症状がでるため、原因となる食物との関係がわかりやすいアレルギーです。

【遅発型アレルギー】

また一方で、食物を摂取した後、数時間~数週間後にかけて症状が出現する食物アレルギーがあります。
頭痛やめまい、うつなどの精神神経症状であったり、肩こりや疲労感、便秘・下痢などの症状、にきびや肌荒れ、アトピーなどの皮膚症状など、人によって様々な症状が現れます。
(即時型アレルギーのアナフィラキシーショックのような命に関わるような重篤な症状が現れることはほとんどありません。)
このように、症状が現れるのに比較的時間がかかり、体調不良や精神神経症状として出現するような症状を引き起こすアレルギーを遅発型アレルギー(潜在性アレルギー)といいます。
遅発型アレルギーは、”IgG抗体”が関与するもので、症状が現れるまでの時間がかかるので、原因となる食物とその症状との関係がわかりにくいのが特徴です。

最近になって、様々な健康障害にこの遅発型フードアレルギーの関与が指摘されるようになってきました。
気づかずに好んで食べている食物に、遅発型フードアレルギーが多いとも言われています。
いつも好んで食べていたものが、実は健康被害の原因になっている可能性があるのです。
遅発型アレルギーの検査をしましょう
日本の病院では、一般的に食物アレルギーのアレルゲンを調べる場合、”IgE抗体”だけしか調べません。
”IgE抗体”だけ調べて、食物アレルギーがないと診断されたとしても、「即時型のアレルギーがない」ということで、”IgG抗体”が関与する遅発型のアレルギーについては「アレルギーがあるかどうか不明」ということなのです。
W CLINICでは、96種類の食物検査項目を調べ、遅発性フードアレルギーの有無を検査することができます。
この検査は、自分の食生活を見直す機会にもなりますし、健康のためにも、自分が何に対してアレルギーがあるのかを知っておくことは非常に重要です。

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、日本標準パネルです。

乳製品
カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト

フルーツ
リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ(ミックス)、グレープフルーツ、グアバ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ

ナッツ・穀類
アーモンド、オオムギ、キドニー豆、あずき、大豆、さやいんげん、そば粉、カシューナッツ、トウモロコシ、グリアジン、小麦グルテン、緑豆、オートムギ、グリンピース、ピーナッツ、ピスタチオ、玄米、白米、ライムギ、ゴマ、スペルト小麦、ヒマワリ、クルミ、全粒小麦

野菜
筍、もやし、ビート、苦瓜、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、ピーマン、サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃ、キノア、ラディッシュ、ほうれん草、ズッキーニ、トマト

肉類
牛、鶏、卵白、卵黄、ガチョウ、ラム、豚

魚介類
あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、オヒョウ、カキ、バラフエダイ、ホタテガイ、サーモン、シーバス、シーパーチ、エビ、マグロ

スパイス
カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ(カイエン)、バニラ

その他
カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、製パン用イースト、醸造用イースト

遅発性フードアレルギーの主な症状

遅発型フードアレルギーが陽性に出た場合は

●免疫反応を鎮静化するために、原因となる食物を避ける

強い反応が出た場合は、3?6ヶ月ほど原因となる食物を完全に断つことが必要な場合があります。

●摂取する食物をローテーションする

同じ食物を頻繁に摂取することを防ぐために、ローテーションすることが必要です。
同じ食物の摂取頻度が高いと、食物へのアレルギー反応が悪化することがあり、新たな食物に対する反応を防ぐためでもあります。
結果、抗体価は減少し、アレルギー反応は起こりにくくなります。
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.