こんにちは、Wクリニック福岡院です。

当院は、「美容医療の常識を覆し、誰もが通い続けられる幅広いメニューと空間で、常に最先端の医療を提供する」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで最新の美を追求し続けている美容クリニックです。

しみやたるみなどの若返りに関する治療、痩身ダイエット、ワキガや多汗症治療まで幅広くご提供しております。

本日は〈しみ取り・シミ治療のデメリット〉についてご紹介いたします。

しみ取り・シミ治療のデメリット

しみ取り・シミ治療はお肌に合わない可能性がある

質問者

レーザー治療でのしみ取りが楽しみですが、初めてなのでちょっと怖くもなってきました。

何かデメリットはありますか?

院長

レーザー治療は効果が高いぶん、お肌に合わない方もいます

質問者

お肌に合わなかったら、どんな症状が出ますか?

院長

赤みやかゆみですね。

その際は、別の治療法をご紹介します。

質問者

全員がレーザー治療でしみ治療がうまくいくとは限らないのですね。

しみ取り・シミ治療にはダウンタイムがある

質問者

レーザー治療を受けた後、ダウンタイムはありますか?

院長

ピコスポットの施術してから数日は患部をテープで保護するなど、ダウンタイムが必要になります。

PTPトーニングやピコトーニングにダウンタイムは必要ありませんが、熱や乾燥が生じることもあります。

質問者

施術後に気をつけることはありますか?

院長

施術後はしっかりクーリングしますから心配はありませんが、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

質問者

ダウンタイムがある施術のときは、スケジュールを調整するようにします。

他に気をつけることはありますか?

院長

しみ取りのピコスポットは、紫外線の弱い時期や、大切なご予定のないときを選ぶのがおすすめです。

質問者

紫外線の強い夏シーズンには不向きなんですね。

最適な時期を見計らって施術を受けられるようタイミングを検討してみます!

しみ取り・シミ治療は一時的に色素沈着が起こることがある

院長

ピコスポットで照射した場合には、4~6週間後には二次性の色素沈着によって患部が茶色くなります

質問者

えっ!?せっかく治療をしたのに?

院長

3ヶ月ほどで自然に消滅しますが、レーザーによってまた茶色いシミができてしまうのはデメリットかもしれませんね。

質問者

一定期間で消えるとわかっていても、3ヶ月間メイクなどで隠すのが憂鬱ですね。

なにか良い対処法はないですか?

院長

当院では二次性の色素沈着を防止するために、外用薬を処方しています。

こちらには、一般的な化粧品には配合されていないハイドロキノントレチノインが入っています。

薬

しみ取り・シミ治療についてもっと知りたいときは

質問者

先生、今回デメリットについてよく理解できたのでメリットについても知っておきたいです。

院長

しみ取り・シミ治療のメリットについてはこちらのページで解説しております。

質問者

先生、しみ取り・しみ治療について他にもいろいろ教えてくれませんか?

院長

ではしみ取り・しみ治療についてのページいくつかご紹介しましょう。

全般的なお話は、こちらのコラムがおすすめです。

院長

当院で受けられるしみ取り・しみ治療については、こちらのページでさらに詳しくご紹介しています。

質問者

ありがとうございます!早速読んでみます。

まとめ

質問者

レーザー治療にもデメリットがあることがわかりましたが、前もって知っておくことで対策もできそうです。

院長

クリニックではレーザー治療によるデメリットを解消させる方法はもちろん、しみ改善や美白に役立つ点滴や、ピーリングなどのメディカルスキンケア治療法など、レーザー以外の施術法もご案内できます。

安心してご来院くださいね。

しみ取り・シミ治療のデメリット

  • レーザー治療は赤みやかゆみが出てしまうことがある
    →レーザーが合わない方には別の治療法をご紹介
  • ピコスポットはダウンタイムがある
    →紫外線の弱い時期、予定のないときに施術がおすすめ
  • PTPトーニングやピコトーニングは、熱や乾燥が生じることがある
    →しっかりと保湿ケアを
  • ピコスポットは、4~6週間後に二次性の色素沈着がおこるおそれがある
    →色素沈着を防止するための外用薬を処方

Wクリニック福岡院のアクセス情報について

初めてWクリニック福岡院へご来院いただく方や、ご検討中で電話番号や住所といった基本的な情報をお探しの方は、下記ページよりご確認ください。