記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

切らずにたるみ治療が行えるハイフは、目元に照射できる機器もあります。目周りにハイフを照射することで、どのような効果を期待できるのでしょうか。目周りのハイフの効果をお伝えします。

 
質問者

ハイフは、目周りにも照射できるのでしょうか?

 
院長

ハイフの機器は種類があり、目周りに対応できるものとそうでないものがあります。当院で導入しているウルトラセルQ +は、目元への照射も可能です。

 
質問者

目元にハイフを照射するとどのような効果が期待できますか?

 
院長

目元のたるみやクマの解消、目元にハリを出す効果があります。目元の照射では、こめかみにも照射して目元を引き上げます。

目元のたるみやクマの原因のひとつとして、目元の筋肉が衰えることや、目元のハリや弾力の低下があげられます。

ハイフを照射することで、皮膚を支える土台となるSMAS層とよばれる部分を引き締めることができるため、目元のたるみを解消することができます。

 
質問者

どのようなクマでも効果はありますか?

 
院長

ハイフは、目元のたるみによって目立ってしまうクマに効果的です。

 
質問者

目元のハイフは痛いですか?

 
院長

目元は皮膚が薄いため、チクチクとした痛みを感じる可能性があります。しかし、麻酔がなくても我慢できる程度の痛みとおっしゃる方が多いです。

 
質問者

目元のハイフは1回でも効果がありますか?

 
院長

1回でも効果を実感していただけますが、効果を持続させるためには定期的な施術が必要となります。

 
質問者

施術を受ける間隔を教えてください。

 
院長

最低でも、3ヶ月から4ヶ月あけて受けるようにしてください。効果の持続は個人差がありますが、施術後3ヶ月から半年ほどは効果が持続すると言われています。

目周りのリフトアップは、糸を使用したリフトアップや切開によるリフトアップもありますが、できるだけダウンタイムの少ない施術が良いという場合は、ハイフがおすすめです。

目元のたるみやクマが気になる方は、一度ご相談ください。