記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

ルメッカは、シミ取りができる光治療として人気です。シミ取りだけでなく、肌の赤みの解消や、ハリやツヤを与えてくれるなどの肌質改善効果も期待できます。

ルメッカを照射すると、シミやそばかすが反応してかさぶたができると言われていますが、なかにはかさぶたができなかったという声もあります。

かさぶたができない場合、失敗なのでしょうか。ルメッカ照射後のかさぶたについてお伝えします。

 
質問者

先生、ルメッカを受けてかさぶたにならない場合、シミやそばかすが反応しなかったことになるのでしょうか?

 
院長

かさぶたは、できる場合とできない場合があります。かさぶたにならなくても、ターンオーバーと共にしみが改善していく場合もございますが、治療効果を得るためには、約1ヶ月おきに5回程治療をうけていただくことをおすすめします。

 
質問者

かさぶたができた場合、どんな状態になりますか?

 
院長

かさぶたと聞くと、ケガをした後にできる厚みのあるものをイメージされるかもしれません。

しかし、ルメッカを照射した後のかさぶたは、細かな点状だったり、少し茶色が濃くなる感じ、黒っぽく目立つ感じというようなものになります。

分厚いかさぶたではないので、かさぶたができなかったと感じる方もいるのです。

 
質問者

かさぶたが取れるまで触らない方が良いですか?

 
院長

はい。気になってしまうかもしれませんが、自然に剥がれるまでこすったり、刺激したりしないようにしてください。色素沈着の原因となってしまう恐れがあります。

 
質問者

かさぶたが取れた後は、すぐに綺麗な状態になるのでしょうか?

 
院長

かさぶたが取れた後は、元々のしみより少し薄くなった状態になる場合もありますが、反応や効果は個人差があるため、繰り返し施術を受けていただくことをおすすめします。

 
質問者

ルメッカは1回で効果がありますか?

 
院長

効果には個人差があります。1回でシミやそばかすが完全に取れない場合もあるため、まずは5回ほど受けて頂くのがおすすめです。

ルメッカを照射しても、必ずかさぶたができるとは限りません。かさぶたができた場合は、刺激しないように注意しましょう。

ルメッカを照射した後は、肌が乾燥しやすくなります。保湿と紫外線対策はしっかりと行ってください。