記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

ルメッカとトーニングは、どちらもシミの治療が可能です。シミで悩んでいる方は、どちらの施術を受けようか悩んでいるのではないでしょうか。ルメッカとトーニングの違いについてお伝えします。

 
質問者

ルメッカとトーニングは、どちらもシミに効果的と聞きました。どちらを受けようか悩んでいるのですが、違いを教えてください。

 
院長

ルメッカは、光でシミを治療します。シミの原因となっているメラニンを壊して、肌の代謝を活発化させてシミを薄くしていきます。

光と熱の作用により、コラーゲン繊維やエラスチンの再生が促進されるため、肌全体の若返りも期待できます。

レーザートーニングは、炎症を起こさないくらいの低出力のレーザーでメラニン色素を徐々に減らしていく治療法のため、肝斑や炎症後色素沈着の方に効果的です。

 
質問者

ルメッカのほうが早く効果が出るということでしょうか?

 
院長

個人差はありますが、ルメッカのほうが少ない回数でシミの治療ができますが、シミの状態によっては、ルメッカでの治療も難しい場合があるため、一度診察を受けていただくことをおすすめします。

 
質問者

肝斑があるとどうしてルメッカを受けることができないのですか?

 
院長

肝斑は、強い刺激を与えると悪化してしまう可能性があります。ルメッカの照射パワーで、肝斑が悪化するリスクがあるため、肝斑がある方にはおすすめできません。

 
質問者

では、どのような人がルメッカでシミ治療できるのでしょうか?

 
院長

お顔にあるシミが肝斑ではないと判断できる場合に、濃いしみや広範囲のそばかすなどの治療であれば、ルメッカをおすすめしています。

 
質問者

照射する間隔と回数の目安に違いはありますか?

 
院長

レーザートーニングの場合は、1週間〜2週間に1回を10回、ルメッカの場合は、約1ヶ月におきに5回ほど受けて様子をみていただくのが良いでしょう。

 
質問者

ルメッカやトーニングにダウンタイムはありますか?

 
院長

どちらも比較的ダウンタイムが少ない施術です。個人差はありますが、赤みやほてり、かゆみ、湿疹などが出る場合があります。

これらは自然におさまりますが、症状がひどい場合はご相談ください。

ルメッカとトーニングの違いをお伝えしました。シミの中に肝斑がある場合、ルメッカは照射できません。肌の状態によって、最適なシミ治療は異なります。まずはご相談ください。