記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

小顔になりたいと思っている方は、エラボトックスをすれば小顔になれるのでは?と考えているかもしれません。

しかし、エラボトックスで小顔になれるかどうかは、お顔の状態で変わってきます。

エラボトックスが適していない方が施術を受けてしまうと、たるみが生じたり、頬がこける、やつれて見えてしまうというようなことが起きてしまうのです。エラボトックスによる頬コケのリスクについてお伝えします。

 
質問者

先生、エラボトックスをして頬がコケてしまうことがあるって本当でしょうか?

 
院長

エラボトックスをすることで、頬がコケてしまうということはありませんが、頬がコケて見えてしまうということはあります。

頬骨が目立っている方、頬が少しやせてきている方、目の周りにくぼみが出ている方、たるみが気になっている方は、エラボトックスで頬がコケてしまったように見えたり、やつれて見える可能性があります。

 
質問者

どうしてそのように見えてしまうのですか?

 
院長

エラボトックスでは、咬筋にボトックスを注射します。これにより、発達していた咬筋が小さくなっていきます。

筋肉のふくらみが小さくなることで、頬の部分が目立つようになってしまうのです。

 
質問者

頬コケしてしまうかどうかは診察で分かりますか?

 
院長

はい。当院では、カウンセリングの際にしっかりお顔の状態を診察させていただき、エラボトックスによって頬のコケが目立つ可能性がある場合は、お伝えさせていただきます。

どうしてもエラボトックスを受けたいという方には、施術後に頬の周りのバランスを整えて頬コケを目立たなくさせるヒアルロン酸注入なども合わせて提案させていただきます。

 
質問者

エラボトックスによって、たるみが出てしまうかどうかも診察で分かりますか?

 
院長

ご年配の方は、たるみが出るリスクが高くなります。エラボトックスで咬筋が小さくなると、もともとあった皮膚が余り、たるみが目立つようになる可能性があるためです。

通常は、皮膚が縮んで元に戻るのですが、年齢を重ねると皮膚が戻るスピードが追い付かずたるみになってしまうことがあります。

この場合は、たるみ治療を併用すれば改善できます。

 
質問者

エラボトックスで頬コケが出る人の場合、他の施術で小顔になることもできるのでしょうか?

 
院長

お顔の状態を拝見し、より適した小顔施術を提案させて頂くことは可能です。

エラボトックスでは、お顔の状態によって頬コケのリスクがあります。エラボトックスで小顔になりたいという人は、本当にエラボトックスが必要なのかを見極めなければいけません。お気軽にご相談ください。