記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

大きなシミや目立つシミがある場合、QスイッチYAGレーザーによるシミ取り治療で綺麗にすることができます。QスイッチYAGレーザーは、ピンポイントでシミを取ることができる施術です。

しかし、痛みやダウンタイムもあるため、照射する際は注意が必要です。シミ取りレーザーの痛みや施術後の経過についてお伝えします。

 
質問者

先生、シミ取りレーザーの照射は痛いのでしょうか?

 
院長

我慢できないほどの痛みはありませんが、トーニングと比べると強いパワーでレーザーを照射しますので、やや熱や痛みを感じます。

 
質問者

1回でシミは取れますか?

 
院長

基本的に1回でシミを改善することができますが、2回から3回照射して綺麗になる場合もあります。

 
質問者

レーザーを照射した後は、テープで保護しなければいけませんか?

 
院長

大きさや濃さでテープ保護が必要になる場合があります。また、照射から数日は外用薬を塗布していただきます。

 
質問者

お化粧はできるのでしょうか?

 
院長

レーザーを照射した箇所を避けてメイクしていただきます。かさぶたが取れたら施術箇所もメイク可能です。

できるだけ落としやすいナチュラルメイクをされることをおすすめします。

 
質問者

かさぶたはどれくらいで取れるのでしょうか?

 
院長

照射してから1〜2週間ほどで自然に剥がれます。刺激を与えないように気を付けてください。

 
質問者

かさぶたが取れた後はどうなりますか?

 
院長

かさぶたが取れると、ピンク色の皮膚が出てきてシミが取れていることを確認できます。

この後、稀に炎症色素沈着が残る場合があります。その際は、外用剤を使用して色素沈着を綺麗にしていきます。

施術から約3~6ヶ月ほどで綺麗な状態となります。

 
質問者

炎症性色素沈着は必ずできてしまうのでしょうか?

 
院長

いいえ。できない方もいます。シミ取り後に肌にダメージを与えてしまうことがあると、生じる可能性が高いため注意してください。

特にかさぶたを無理矢理剥がすことはされないようにしてください。

マスクをしていると、マスクが擦れてかさぶたが剥がれる可能性もあるため、テープ保護をしておくのが安心です。また、紫外線対策もしっかり行いましょう。

シミ取りレーザー後の肌はとても敏感な状態です。ちょっとした刺激で、せっかく綺麗に取れたシミが、炎症性色素沈着となってしまうこともあるため、注意しなければいけません。

ピンポイントのシミ取り治療は、4月~9月の紫外線の強い時期にはおすすめできないため10月~2月の秋から冬にかけて治療を検討されてください。