記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

スレッドリフトは、切らずに行えるリフトアップ治療のひとつです。使用する糸に種類があり、どの糸を使用するのかによって、持続期間に違いがあります。第3世代のスレッドリフトとされているテスリフトについてお伝えします。

 
質問者

先生、テスリフトの特徴を教えてください。

 
院長

テスリフトは、体内で溶けるPDO素材の糸になっています。糸のまわりにバーブとよばれるトゲがついていて、さらに3Dメッシュが覆っている特殊な形状をしています。

 
質問者

ほかの糸と効果に違いがありますか?

 
院長

テスリフトは、トゲとメッシュでより高い引き上げ効果を期待できます。

皮下に挿入すると、トゲの部分が皮下組織をしっかりつかみ、さらに周辺の組織が3Dメッシュ内に入り込みます。これによりしっかりリフトアップされるのです。

リフトアップした状態を、長期間キープできるという点も特徴です。

 
質問者

持続期間はどれくらいなのでしょうか?

 
院長

糸を挿入すると、約1年かけて体内に吸収されていきます。そして糸が吸収された後もリフトアップの効果が2年から3年持続します。

他の糸では、効果が半年から1年と短いですが、テスリフトは長くなっています。

 
質問者

テスリフトの効果はどれくらいで実感できますか?

 
院長

テスリフトは、糸を挿入してすぐに組織が反応します。挿入後はダウンタイムがあり効果をしっかり感じにくいかもしれませんが、およそ2週間で最大効果の70%に達します。

 
質問者

ダウンタイムはどれくらいですか?

 
院長

ダウンタイムは、個人差があります。施術直後は、腫れや針穴程度の傷跡と赤みが出ますが、次第におさまっていきます。

内出血が出る場合がありますが、メイクで隠せる程度で、1週間から2週間で消失します。

体質により腫れやむくみが3~7日ほど出る方もいます。

 
質問者

糸を挿入した後、馴染むまでは引きつれ感があるのでしょうか?

 
院長

糸でリフトアップさせるため、違和感や引きつれ感が出る方もいます。糸はおよそ2ヶ月かけて馴染んでいきます。

違和感や引きつれも少しずつおさまっていくため様子をみてください。気になる場合は、クリニックまでご連絡ください。

 
質問者

テスリフトは、小顔効果も期待できますか?

 
院長

糸を挿入したことでコラーゲンの生成が促されるため、引き締め効果も実感できるでしょう。

また、PDOには脂肪を委縮させる作用もあることから、脂肪が引き締まることによる小顔効果を期待できます。

第3世代のスレッドリフトと呼ばれているテスリフトについてお伝えしました。テスリフトは、持続期間が長いため、できるだけ長持ちする糸リフトを受けたいという人におすすめです。

切らないたるみ治療をご希望の方はご相談ください。