記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

ヒアルロン酸注入は、効果が半永久的に持続するものではありません。

そのため、効果を維持させたい場合は継続して注入する必要があります。

では、ヒアルロン酸注入は何度も同じ場所に行っても大丈夫なのでしょうか。施術を受ける頻度についてもお伝えします。

 
質問者

先生、ヒアルロン酸注入は何回受けても大丈夫なのでしょうか?

 
院長

ヒアルロン酸は、私たちの体内に存在しているものなので、継続して注入することによるリスクはほぼありません。

ただし、医師の技術や使用しているヒアルロン酸製剤の種類により思わぬ副作用が起こる可能性もあるため注意は必要です。

 
質問者

例えばどのような副作用があるのでしょうか?

 
院長

注入量を誤ってしまうことで起こるしこりや、膨らみ過ぎ、不自然な仕上がりになってしまうなどがあげられます。

当院では経験豊富な医師が施術を行っていますので、このような心配はほぼありません。

 
質問者

ヒアルロン酸を一度注入すると、辞められなくなりますか?

 
院長

ヒアルロン酸を注入した状態のお顔が普段見慣れているものとなっていきますので、ちょっとした変化が気になってしまうという方もいるでしょう。

しかし、ヒアルロン酸注入は過剰に行ってしまうと違和感を覚える印象になってしまう恐れもあります。

たまにヒアルロン酸が残っていても気になるから注入して欲しいとおっしゃられる方もいますが、当院では注入量が過剰とならないようにアドバイスさせていただいております。

辞められないというよりは、気になったら再度注入していただくという施術です。

 
質問者

どれくらいの頻度で受けるのが良いですか?

 
院長

ヒアルロン酸が吸収される目安は1年から2年です。

ただし個人差があり、人によっては注入した箇所にヒアルロン酸が残っているという場合もあります。

ヒアルロン酸が吸収されてきたかなと感じられた場合は、まず診察にお越しください。

その都度状態をしっかりと確認し、的確な量と注入位置を見極めて施術させていただきます。

 
質問者

完全に吸収されてしまうまでに注入するのが良いでしょうか?

 
院長

吸収される前というより、気になられた時に注入されるのが良いでしょう。

ヒアルロン酸の注入は繰り返し行っても問題ありません。

ただし、注入を継続する場合、やり過ぎにならないように医師のアドバイスも聞いて受けるようにしてください。