水光注射とヒアルロン酸注射は、どちらも美容成分をお肌に注入する施術です。

ここで気になるのが、水光注射とヒアルロン酸注射はどのような点が異なるのだろう・・ということではないでしょうか。

水光注射とヒアルロン酸注射の違いについてお伝えします。

 
質問者

先生、水光注射とヒアルロン酸注入の違いについて教えてください。

 
院長

水光注射は、皮膚の浅い部分にヒアルロン酸やその他の美容成分を均一に注入していきます。

非架橋ヒアルロン酸が使われていて、肌に入れることで潤いやハリを出してくれる施術です。

ヒアルロン酸注入は、肌の気になる部分に重点的に注入する施術です。

気になる箇所のくぼみやシワなどを改善させる、リフトアップさせるなどの効果があり、架橋ヒアルロン酸を使って施術を行います。

 
質問者

水光注射とヒアルロン酸注入はどのような人におすすめですか?

 
院長

肌全体に潤いやハリを与えたいなら水光注射、部分的に気になるシワやくぼみの解消、顔のバランスを整えたいという方はヒアルロン酸注入が良いでしょう。

 
質問者

顔全体の小じわを解消させたいならどちらが良いですか?

 
院長

顔全体の場合は、水光注射がおすすめです。

肌にハリと潤いを与えてくれるので、小じわが目立たなくなりますよ。

 
質問者

顔全体を若々しくさせたい場合も、水光注射になりますか?

 
院長

はい。部分的により気になる箇所があるという場合は、水光注射とヒアルロン酸注入の組み合わせもおすすめです。

 
質問者

水光注射とヒアルロン酸注入にデメリットはありますか?

 
院長

どちらも効果が半永久に持続するものではないという点です。

それから針で美容成分を肌に入れていきますので、腫れや赤みが出る可能性があります。

腫れや赤みは一時的なものなので自然に消失していきます。

 
質問者

水光注射とヒアルロン酸注入のメリットも教えてください。

 
院長

どちらもダウンタイムは比較的短く、肌の変化を実感していただきやすいという点です。

 
質問者

効果はすぐに分かるのでしょうか?

 
院長

水光注射の場合は、1回だけでは大きな変化を実感できない可能性もあります。

まずは3回くらいを目安に受けていただくと良いでしょう。

ヒアルロン酸注入の場合は、1回で変化を実感できますが、施術直後は注入した部位に凸凹が出ることもあり、なじんできたら綺麗な仕上がりとなります。

 
質問者

効果はどれくらい続きますか?

 
院長

水光注射は1ヶ月くらい、継続して施術を受けていくと、3ヶ月くらい効果が持続するようになってきます。

ヒアルロン酸注入の場合は、1年から2年ほどです。

効果の持続期間は使用する製剤の種類や個人差もありますので目安としてください。

水光注射とヒアルロン酸注入の違いをお伝えしました。

それぞれ目的が異なる施術となっているので、まずはご自身がどのようになりたいのかということをカウンセリングの際にお伝えください。より最適な施術をご提案させていただきます。

記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年 福岡大学医学部医学科 卒業
2003年 福岡大学病院
2008年 独立行政法人九州がんセンター
2009年 福岡医科歯科大学病院
2010年 福岡大学筑紫病院
2013年 医療法人 天翠会 小倉きふね病院
2021年 Wクリニック 勤務

日本美容外科学会所属