記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

顔の脂肪が気になっている方は、バッカルファット除去と脂肪溶解注射のどちらを受ければ良いのか、どちらのほうが小顔効果は高いのか知りたいと感じているのではないでしょうか。

バッカルファット除去も脂肪溶解注射も小顔になれる施術になりますが、実は効果に違いがあります。

バッカルファット除去と脂肪溶解注射の違いについてお伝えします。

 
質問者

先生、バッカルファット除去と脂肪溶解注射では、どちらのほうが小顔効果は高いのでしょうか。

 
院長

バッカルファット除去と脂肪溶解注射は、ターゲットにしている脂肪が異なるため、より適した施術を行うことで、小顔効果を得られると言えます。

 
質問者

人によってどちらが適しているか違うのですね。それぞれの施術は、どのような違いがあるのでしょうか?

 
院長

バッカルファット除去は、頬の奥にある脂肪の塊を除去する施術になります。

頬がふっくらしていて顔が大きく見えているという場合は、この脂肪を取ることで小顔効果を得られます。また、将来のたるみ予防にもつながる施術です。

脂肪溶解注射は、顔の皮下脂肪を溶かして除去する施術になります。頬やフェイスライン、顎の裏などの脂肪を除去することができます。

皮下脂肪で顔が大きく見える方や、二重あごが気になる方は、脂肪溶解注射がおすすめです。

 
質問者

バッカルファット除去と脂肪溶解注射の両方を受けたほうが良い場合もあるのでしょうか?

 
院長

頬がふっくらしている方は、バッカルファットと皮下脂肪両方が関係している場合もあります。

そのような方は、どちらも受けることでよりすっきりした小顔になるでしょう。

 
質問者

バッカルファット除去と脂肪溶解注射では、効果が実感できるまでの期間に違いがありますか?

 
院長

バッカルファット除去は、1回の施術で効果が実感できます。

脂肪溶解注射は、効果のあらわれかたに個人差があり、1回で変化が分からない場合、複数回の施術が必要となるケースもあります。

 
質問者

バッカルファット除去や脂肪溶解注射にダウンタイムはありますか?

 
院長

むくんだ感じや腫れている感じ、内出血の可能性はありますが、どちらも比較的ダウンタイムが少ない施術となっています。

バッカルファット除去と脂肪溶解注射は、アプローチしている脂肪が異なるという点が大きな違いとなっています。

どちらが適しているのかは、カウンセリングで相談できるので、小顔になりたいという方はお気軽にご相談ください。