「シミや斑紋を改善したいけど、どうすればいいだろう」や「肌のくすみを改善したいのだけど」と悩んでいませんか?

こういった方は、レーザートーニングによる施術がおすすめです

今回はレーザートーニングについて、ダウンタイムや注意事項を踏まえて解説します。

また、レーザートーニングが有名なWクリニック福岡院についてもご紹介するので、施術を検討中の方は気軽にお問合せください。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとはマシンから照射されるレーザーによって、メラニン色素を分解する効果が実感できる治療です。

そのため、シミ・そばかす・肝斑・色素沈着などの症状改善に効果的とされています。

レーザートーニングはメラニンを分解するだけでなく、キメの細かい肌質にしてハリ感をアップさせることもできるため、美白・美肌効果を実感することもできるのでおすすめです

施術時はゴムで弾かれたような痛みがありますが、耐えられる程度なので安心してください。

レーザートーニング治療がおすすめな方の特徴

レーザートーニング治療がおすすめな方の特徴は以下の通りです。

  • 肌のトーンアップを目指している方
  • シミや肝斑を改善したい方
  • そばかすを改善したい方
  • 肌のくすみを改善したい方
  • 美肌になって若々しい印象になりたい方

上記の内容にひとつでも当てはまる方は、レーザートーニング治療がおすすめです。

しかし、レーザートーニング治療は一回で効果を実感することが難しいとされています

継続的に通院しなければ改善効果を実感しにくいので、少しでも迷っている方はクリニックでカウンセリングを受けるのが良いでしょう。

レーザートーニングで使用されるマシンについて

ここからは、レーザートーニング治療で使用されるマシンについてご紹介します。

レーザートーニング治療で用いられるマシンの詳細を知ることで、自分の肌悩みに適したマシンを知ることができるだけでなく、クリニックを選ぶ際の参考にもなります

マシンの特徴だけでなく、施術する際の相場価格についてもお話しするので、ぜひチェックしてください。

PTPトーニング

レーザートーニング治療の中で、もっともクリニックで導入されているのがPTPトーニング。

お顔全体のシミや肝斑などの症状を改善しつつ、美白効果が得られます。

特に、薄いシミがたくさんある状態のお肌の方におすすめなマシンです

紫外線が強くなる夏場でも照射可能で、1年間通して治療して頂けます。

クリニックによって料金が異なりますが、大体1回の施術で8,000円〜30,000円ほどが相場とされています。

継続的に通わなければ改善効果を実感しにくいため、医師と話し合って適切な治療頻度などを相談すると良いでしょう。

QスイッチYAGレーザー

レーザートーニング治療で、もっとも改善効果を実感しやすいとされているQスイッチYAGレーザー。

濃いシミやコインサイズの大きなシミも照射することができるだけでなく、基本的に1回の治療でシミを改善することができます

ただし、紫外線の強い時期に施術を行ってしまうと、肌トラブルが生じてしまうため、秋から冬頃に施術するのがおすすめです

また、濃いシミなどを改善できるほどのパワーがあるので、施術後に保護テープを貼る場合もあります。

PTPトーニングよりも施術時の痛みは強いデメリットがありますが、医師の指示を守りながら過ごすことで改善効果を実感できるためおすすめです。

クリニックによって料金が異なりますが、1回の施術で10,000円〜50,000円ほどが相場とされています。

照射範囲によって金額が変動する特徴があるので、医師に相談して納得してから施術を受けるようにしましょう。

レーザートーニング施術後の注意点

レーザートーニングの施術を受けた後は、肌が乾燥気味になっているだけでなく、とてもデリケートな状態になっているため注意が必要です。

ここからはどんなアフターケアを行えば、施術後のトラブルなく綺麗な肌を目指すことができるのかをお話しします。

しっかりとアフターケアを行うことで効果を実感しやすくなるだけでなく、肌トラブルの発生も抑制することができるのでおすすめです

日焼け止めを塗る

施術を受けた後は、紫外線の影響で施術部位を悪化させないようにするためにも、日焼け止めを塗ると良いでしょう。

スプレータイプだと汗や水に弱いので、できればクリームタイプテクスチャーの日焼け止めを塗るようにすると良いでしょう

そのため、クリニックでレーザートーニングの施術を受ける際は、持ち運び専用の日焼け止めを持っていくのがおすすめです。

紫外線から肌の乾燥を守るだけでなく、新たなシミやそばかすを予防することもできます。

肌を保湿する

施術後に帰宅したら、処方されたクリームを塗ったり保湿成分が配合されているスキンケアアイテムなどを使ったりして、しっかりと肌を保湿するようにしましょう。

肌の乾燥状態を放置してしまうことで、肌の乾燥が増したり、ニキビや吹き出物ができてしまう恐れがあるので、必ず保湿するようにしてください

施術後の肌の乾燥状態を改善できるだけでなく、肌を守ってくれるのでおすすめです。

クリニックで日焼け止めを塗ってから自宅に帰って洗顔し、スキンケアを行う方も多いかと思います。

施術直後の肌はデリケートな状態なので、スクラブ入りなどの刺激を与える洗顔フォームで洗わないようにしてください

患者様によって肌質が違うので、自分に適した洗顔フォームや石鹸などを医師に相談すると良いでしょう。

レーザートーニング施術後のダウンタイムについて

レーザートーニング治療を行った後は、いくつかのダウンタイム症状が生じてしまう可能性があります。

ここからは、レーザートーニング治療を行った後にどんな症状が起きるのかダウンタイムで発生しやすい症状についてお話しするので、施術を検討中の方はぜひチェックしてください。

肌が赤くなってしまう

レーザートーニングの施術直後はレーザーを照射したことにより、一時的に肌がダメージを受けてしまうため、肌が赤くなってしまう傾向があります。

肌の赤みは施術してから2日〜3日ほどで消失していくので、安心して治療を受けていただけたらと思います。

また、施術した後にメイクでカバーすることもできるので安心してください。

ただし、患者様の体質的な問題で肌の赤みが1週間ほど続いてしまうケースもあるので、1週間ほど経過しても改善されない場合はクリニックに相談するようにしましょう。

腫れてしまう

レーザートーニングの施術直後に、照射箇所が腫れてしまう方が稀にいらっしゃいます。

肌が腫れてしまった場合は、タオルなどで保冷剤を包んで冷やすと良いでしょう

また、腫れ自体も一時的な症状なので時間の経過と共に改善されていくため、安心していただけたらと思います。

ただし、肌の赤みと一緒で1週間ほど経過しても肌の腫れが改善されなかった場合、早めにクリニックに相談して適切な治療を受けるようにしましょう。

施術場所に熱感を感じる

QスイッチYAGレーザーのレーザートーニング治療を受けた方の中で多いのが、施術場所に熱感を感じてしまうことです。

強い照射パワーでシミなどの肌トラブルを改善するので、どうしても施術後の肌に熱感を感じる方が多い傾向があります。

このような場合、熱感を感じる箇所を継続的に冷やすことで改善されていきます

ただし、体質的な問題で稀に水膨れのようになってしまう方もいるので、早めにクリニックに相談するようにしましょう。

レーザートーニング治療が受けられない方

シミやそばかす、肝斑を改善するためにレーザートーニング治療を受けたいと考えていても、施術を受けられない方がいます。

以下、詳しく解説します。

妊娠・授乳中の方

妊娠・授乳中の方の場合、レーザートーニング治療を受けることができません。

レーザートーニング治療は、赤ちゃんにまったく影響がないとされていないので、赤ちゃんを守るためにも施術を受けるタイミングを考え直すのがおすすめです

出産後や授乳期間が過ぎてからでも施術を受けることは可能なので、医師と相談しながら施術日を決めるようにしましょう。

肌状態がよくない方

重度のニキビ・肝斑、炎症を起こしている肌状態の方は、レーザートーニング治療を受けることができません。

肌に何らかのトラブルがある状態で施術を受けてしまうと、施術後のダウンタイムが長引いてしまったり、肌状態がさらに悪化してしまう恐れがあるので肌トラブルがある人は治療を控えましょう。

他の施術を受けたばかりの方

糸リフトやダーマペン、顔脱毛などの施術をしたばかりの方は、レーザートーニング治療を受けることができません

施術後の肌トラブルが発生しやすくなるからです。

レーザートーニング治療を受けるならWクリニック福岡院がおすすめ

「レーザートーニング治療を受けようかな?」と検討中の方は、Wクリニック福岡院で施術するのがおすすめです。

Wクリニック福岡院では、PTPトーニングとQスイッチYAGレーザーを導入しているので、患者様のお悩みに適した治療をすることができます

また、施術を受けた後のアフターフォロー体制も整っており、施術後の色素沈着などを予防するためにハイドロキノンとトレチノインを処方しています。

他にも、内服薬を併用することで改善効果を実感しやすくなるので、ビタミンCやビタミンE、トランサミンとの併用をおすすめしています。

Wクリニック福岡院では、新たにシミを作らないようにするためにメンテナンス治療のご案内もしているので、レーザートーニング治療を検討中の方はお気軽にお問合せください。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年 福岡大学医学部医学科 卒業
2003年 福岡大学病院
2008年 独立行政法人九州がんセンター
2009年 福岡医科歯科大学病院
2010年 福岡大学筑紫病院
2013年 医療法人 天翠会 小倉きふね病院
2021年 Wクリニック 勤務

日本美容外科学会所属