「シミやそばかす治療で知られているピコトーニングとレーザートーニングって何が違うんだろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

ピコトーニングとレーザートーニングでシミ・そばかす・肝斑治療できたとしても、どちらが効果的に治療できるのかわからないですよね。

この記事では、ピコトーニングとレーザートーニングの違いについて医師がご紹介していきます。

どっちを選んで施術を受ければ良いのかもお話ししているので、ぜひ参考にしてください。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

ピコトーニングとレーザートーニングの違いについて

ピコトーニングとレーザートーニングは、どちらもシミやそばかす、くすみ、肝斑などの治療で用いられるマシンです

ここでは、ピコトーニングとレーザートーニングの違いについてご紹介します。

ピコトーニングについて

ピコトーニングは、レーザートーニングと比較した際、照射時間がかなり短く、熱による皮膚へのダメージを抑えながら、肌内部に蓄積されているメラニン色素をより細かく粉砕することができるマシンとされています。

トーニングの効果を得るためには、複数回の治療が必要になりますが、ピコトーニングは、レーザートーニングに比べると、施術回数が少なくて済むので、少しでも早めに効果を実感したい場合は、ピコトーニングを選ぶと良いでしょう

レーザートーニングについて

レーザートーニングは、レーザーの照射で瞬間的に熱を伝えることによってシミの原因であるメラニン色素を破壊し、シミやそばかす、くすみ、肝斑を改善していく治療法です。

一般的なレーザー治療よりも弱い出力で治療を行うため、施術時の痛みがかなり軽減されています。

また、照射方法を変えることによって、目立つシミにピンポイントで照射する方法や、コラーゲンの生成を促進し、毛穴・小じわなどの改善も可能ですので、クリニックに相談して計画的に治療を行うと良いでしょう。

トーニングはどちらも複数回受けるのが一般的で、1回の施術で十分な効果を得ることは難しいです。お肌の状態は人それぞれなので、必要回数にも個人差がございます。また、マシンによって費用等も異なってきますので、クリニックにご相談すると良いでしょう。

ピコレーザーとQスイッチYAGレーザーの異なるポイント5点

ここからは、ピコレーザーとQスイッチYAGレーザーの違いを5つの観点からご紹介します。

  照射による熱ダメージ ダウンタイム 薄いシミに効果的 濃いシミに効果的 治療回数
ピコレーザー × 数日~1週間 数回(2~3回)照射が必要なこともある

QスイッチYAG

レーザー

1~2週間 × 基本的に1回で効果を感じることが多い

〈ピコレーザーとQスイッチYAGレーザーが適応になる違い〉

薄いシミや顔に細かい点在するそばかすにはピコレーザー、濃くて大きいシミはQスイッチレーザーが良いでしょう。

また、ピコレーザーはダウンタイムが数日~1週間程度と短く、テープでの保護も不要なのでダウンタイムが長くて困る方には良いでしょう。ただ、数回照射が必要なことがあります。反対に、Qスイッチレーザーは、シミに強力に働きかける分、ダウンタイムが1~2週間程度と長めですが、1回で済ませたい方には良いでしょう

パルス幅の違い

パルス幅とは、肌にマシンを当ててから照射されるまでの速度のことです。

パルス幅が短くて、もっとも効率的に肌に照射できるとされているのが、ピコレーザーです

そんなパルス幅を計算する際、ピコレーザーの場合だと「ピコ秒」と計算し、Qスイッチレーザーの場合「ナノ秒」と計算します。

ピコレーザーの方がQスイッチレーザーよりも照射時間が短いとされていますが、濃いシミや大きなシミを改善するには何度も照射しなければいけないため、時間がかかってしまうデメリットがあります。

ただし、Qスイッチレーザーの「ナノ秒」でも十分なパルス幅とされているため、シミやそばかすなどの肌トラブルを改善することができます

施術後のケア方法

ピコレーザー照射後は、テープ保護は一般的には不要とされています。

Qスイッチレーザー照射後、軟膏とテープでの保護が必要になります。

マシンから出る強い照射パワーの影響で、肌が炎症しやすい状態になっているため、軟膏を塗ってケアするのが効果的です

レーザー治療を受けるならWクリニック福岡院がおすすめ

Wクリニック福岡院では、シミの状態に応じて治療を提案させていただきます

実際に施術を受けた方には、外用薬を処方し、検診にて診察もさせていただいておりますので、お気軽にWクリニック福岡院にご相談ください。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年 福岡大学医学部医学科 卒業
2003年 福岡大学病院
2008年 独立行政法人九州がんセンター
2009年 福岡医科歯科大学病院
2010年 福岡大学筑紫病院
2013年 医療法人 天翠会 小倉きふね病院
2021年 Wクリニック 勤務

日本美容外科学会所属