シミやそばかすを治療するレーザーの中でもPTPトーニングは現在多くの注目を集めています。

これまで難しかった肝斑の治療も可能にしました。

今回はそんなPTPトーニングが従来のレーザー治療と違い、どういった特徴を持っているのかを明らかにしていきます。

その中で、1回の治療でも効果はあるのかという疑問や、クリニックで実際に行う治療の流れも紹介します。

PTPトーニングの治療を検討している方には非常に重要な情報となりますので、是非チェックしていただきたいと思います。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

PTPトーニングとは

PTPトーニングとは、YAGレーザーと呼ばれる、短時間で皮膚の深部までエネルギーの届く機器を使用して行われる施術です。

最も有効な症状はしみやそばかす、肝斑、色素沈着などの幅広い症状にも適応した治療法となっています。

これまでのレーザー治療は、照射した部分の中で、最も力が強くなった所に炎症が発生することがありました。

そのため、レーザー治療で肝斑を治療することが難しいとされていました。

しかし、PTPトーニングはそれを覆し、肝斑の治療を可能にしました。

複数回の治療を前提に、少しずつ原因のメラニンを減少させ、最終的に美しい肌に生まれ変わらせます。

肝斑とは

肝斑とはシミの一種になる症状です。

特徴としては、頬骨のあたりから、左右対称に薄くぼんやりとシミが広がっています。

ホルモンバランスの乱れや紫外線等が影響しているといわれています。

30代から40代の女性の方に多くみられており、適切な治療法が少ない症状です。

その特徴のためか、従来のレーザー治療では、特定の部分だけに力が集中し、広範囲の肝斑の改善には繋がりませんでした。

また、レーザーが直接あたる部分は、肝斑の原因となるメラニンを増加させ、症状を更に悪化させる危険性も含んでいました。

PTPトーニングの特徴

通常のレーザートーニングと大きく違う点は、レーザーを二回に分けて同時に照射しているところです。

これにより、通常のレーザートーニングと同程度の効果が得られるだけでなく、肌への負担を減少させることが可能になりました。

また、レーザートーニングは皮膚が白く抜けてしまう症状である白抜けを誘発することがありました。

しかし、PTPトーニングは白抜けの原因物質が生成されることを防ぐため、白抜けのリスクを大幅に減らします。

従来のレーザー治療と比べて、より安全で確実に肝斑の治療ができることが大きな特徴となっています。

PTPトーニングの効果

PTPトーニングを行うことにより得られる大きな効果は、しみやそばかす、肝斑などを治療し美しい肌に生まれ変わらせることです。

特に肝斑の治療に関しては、他のレーザー機器に比べて圧倒的な安全性を誇り、尚且つ治療に絶大な効果をもたらす治療法です。

これは他のレーザー治療では決して得ることのできない効果と言えるでしょう。

そうして、生まれ変わった肌は別人のように、綺麗になります。

PTPトーニングの効果はしみやそばかす、肝斑治療の効果だけではありません。

治療に用いるレーザーにより、肌の細胞が刺激され、毛穴を引き締める効果を持ちます。

更にコラーゲンの生成を促進するため、更にハリのある美しい肌に生まれ変わらせる効果をもたらします。

ダウンタイム

PTPトーニングのダウンタイムは基本的に2~3日程度となっています。

他の施術と比較して、ダウンタイムが基本的に少ないことが特徴になっています。

時々赤い腫れなどが発生することがありますが、基本的に数日後に消滅します。

もし、症状が引かない場合は、直ちに施術を行ったクリニックに相談しましょう。

PTPトーニングは1回でも効果があるのか

1回でも効果はありますが、完全に症状の改善を望む場合は、少なくとも10回以上は行う必要があります。

基本的にPTPトーニングは複数回行うことで効果を最大化する治療法です。

満足のいく結果にするためにはどうしたら良いのか皆さんも悩んでしまうと思います。

しかし、予算と要望に合わせて最適な回数をクリニックが提示してくれることがほとんどのため、心配する必要はありません。

PTPトーニングの料金相場

PTPトーニングの料金は1回当たり、約1万円から1万5千円程となります。

料金はクリニックによって大きく異なるため、予算に合わせて選択すると良いでしょう。

PTPトーニングは、複数回行うことで、効果が高まる治療です。

そのため、一回当たりの料金だけで比較するのではなく、セット料金なども同時に確認しておくと良いでしょう。

当クリニックのPTPトーニングの料金は、1回当たり約1万2千円となっています。

また、初回の治療に限り、シミ治療薬であるトランサミンが一か月分付きます。

治療の流れ

初めに、治療前の入念なカウンセリングを行います。

そこで、シミやそばかすなどの症状を確認し、顔のどの部分にあるかを明確にします。

そして、症状に適したレーザーを選択します。

肝斑などの症状の場合はPTPトーニングを用います。

カウンセリングを行った後は、実際の施術に入ります。

早い場合だと、カウンセリングの日に行う場合もあります。

レーザーの照射は痛みがとても少ないため、麻酔を使用することは基本的にありません。

レーザーの照射が終了した後は、照射部分をクーリングします。

基本的にダウンタイムが無い手術のため、当日から入浴やシャワーも可能となっています。

術後には、薬を処方されることがあるので、そちらを使用しましょう。

まとめ

PTPトーニングは、シミやそばかす、肝斑などを治療するのに、最も有効な手段の1つです。

また、ダウンタイムも少なく安全に行うことができるため、力強くおすすめすることができます。

料金設定などもクリニックによって幅広く設定されているので、予算に合ったクリニックを探し満足のいく結果になるようにしましょう。

Wクリニック福岡医院では、PTPトーニングに力を入れて行っており、確かな経験と実績を持っています。

治療を検討している場合は、お気軽にお問い合わせください。

福岡院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

福岡院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年 福岡大学医学部医学科 卒業
2003年 福岡大学病院
2008年 独立行政法人九州がんセンター
2009年 福岡医科歯科大学病院
2010年 福岡大学筑紫病院
2013年 医療法人 天翠会 小倉きふね病院
2021年 Wクリニック 勤務

日本美容外科学会所属