福岡で美白&シミ肝斑解消したい方へ | Wクリニック福岡院

※休診日:年始のみ

しみ・肝斑・美白に関するお悩み

なぜしみができるのか?しみ形成のメカニズム

メラニンというシミの主な原因である色素は、メラノサイトと呼ばれる細胞で生成されます。
メラニンは細胞やDNAを損傷から守る役割を果たしており、紫外線から肌を守っています。
皮膚の細胞は、約28日ごとに新しい細胞に生まれ変わります。
ターンオーバーによって古くなった細胞は、徐々に皮膚表面に移動し、垢となって排出されます。
しかし、紫外線に長時間さらされたり、皮膚に刺激が加わると、メラノサイトが活性化し、メラニンが増産されてしまいます。
さらに、老化や不規則な生活習慣が続くと、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れ、メラニンが肌内に停滞して蓄積されることがあります。
これによって、茶色や黒っぽく見えるシミが形成されるのです。

身近なところにシミができる原因が!

W CLINICのシミ取り治療は、シミを消すだけでなく、再発を防ぐことも重視しています。
そのため、レーザー治療だけでなく、内服薬や外用薬などの治療を組み合わせて、シミを根本から改善します。

シミの種類を徹底検証

レーザー照射をする

内服外用でフォロー&ケアをする

シミを防ぐためのメンテナンス

美白に向けて

◆第1段階◆シミの種類を徹底検証

シミにはさまざまな種類が存在し、それぞれ異なる原因が関わっています。
そのため、それぞれの患者さんに合った治療法を選択することが重要です。
  • 老人性色素斑
    【ろうじんせいしきそはん】

  • 肝斑
    【かんぱん】

  • 雀卵斑
    【じゃくらんはん】(ソバカス)

  • 脂漏性角化症
    【しろうせいかくかしょう】

  • 炎症性色素沈着
    【えんしょうせいしきそちんちゃく】

  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
    【こうてんせいしんぴメラノサイトーシス】

シミの種類をしっかり判別するための肌診断レビュー

W CLINICでは、肌のカウンセリングにおいて、肌診断のレビューを必ず行っています。
特にシミの相談において、このレビューは不可欠であり、診察の進行に大きく影響します。
当院では、経験豊富な医師がシミの種類をしっかりと診断し、最適な治療方法をご提案します。シミでお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

シミには、さまざまな種類があり、それぞれに適した治療法があります。
適切な治療法を選ぶためには、シミの種類を正しく診断することが重要です。

例えば… 
●ピコスポット(enLIGHTen)は肝斑がある部位は禁忌です。
●シミかアザか判断が難しい場合は、レーザートーニングは効果が期待できません。
●シミ(老人性色素斑)や肝斑、アザは、それぞれ異なる原因で発生しますが、重なっていることも珍しくありません。

気になるシミや肌の悩みがある方は、まずは診察を受けてみることをおすすめします。
実際に肌診断レビューで写真を撮ってみると…

レーザー照射なしでシミと肝斑を改善した症例のレビュー撮影

レビュー通常撮影・・・正面と左右の3方向からの写真を撮影します。

レビューUV撮影・・・UV光源は、自然光LED光源では見えにくい「しみ」「ポルフィリン」「脱色素斑」を鮮明に撮影することができます。

通常の診察では、シミの種類や状態を完全に把握することが難しい場合があります。
レビュー撮影を行うことで、シミの種類や状態をより正確に把握することができます。
これにより、最適な治療法をご提案することが可能になります。
無料でレビュー撮影を行っていますので、ご希望の方はお問い合わせください。(初診料¥3000/再診料¥1000別途が必要なケースあり)

◆第2段階◆レーザー照射をする

シミ治療の代表的な方法は「レーザー治療」です。
目立つシミをピンポイントで照射する手法や、お顔全体をやさしく照射するトーニングなど、さまざまなレーザー機器や照射方法を提供しています。
しかし、レーザー照射が適さない肌の方(膨隆疹が出る、赤み・痒みが強く出るなど)もいますので、シミ治療においてレーザー照射だけが唯一の方法とは限りません。
それでも、レーザー照射によるシミ治療は、現在の美容医療において最も迅速かつ効果的な方法の一つであることは間違いありません。
【ピンポイントで行うレーザー治療】
使用するレーザー QスイッチYAGレーザー
特徴 基本的には一度の照射でシミを改善。
濃くて大き目のシミも照射可能。
紫外線の強い4月~9月は、シミの治療に適していません。そのため、シミの治療は、紫外線が弱い10月~2月の秋から冬にかけて行うことをおすすめします。
ダウンタイム 治療後、数日は外用薬を塗布し、シミの大きさや濃さによっては、テープ保護が必要となります。
患部以外はメイクができます。
【顔全体のシミ・くすみ治療に効果的なレーザー治療(トーニング法)】
使用するレーザー PTPトーニング
特徴 肝斑や薄いシミ、くすみなど、さまざまなシミに効果的なレーザー治療です。紫外線の強い夏場でも照射できるため、1年間通して治療が可能です。
ダウンタイム なし。すぐにメイクが可能。レーザー治療後は、皮膚に様々な症状が出ることがあります。主な症状は、赤み、熱感、ぶつぶつ、青あざ、痛み、かゆみ、乾燥です。

PTPトーニングとピコレーザー治療を行いました

レーザー照射前
顔全体に色ムラがあり、左頬のシミが特に目立ちます。また、左右の頬に肝斑が現れています。

レーザー照射後
レーザートーニング効果で肝斑が薄くなっています。お顔全体のくすみも改善し、美白効果で肌ツヤがアップしています。
目立つシミは照射をしています。

UVカメラでもどうぞ!

レーザー照射前(UV撮影)

レーザー照射後(UV撮影)

◆第3段階◆内服外用でフォロー&ケアをする

QスイッチYAGレーザーによるシミ治療後、すぐに効果が現れるわけではありません。
照射部位は日焼け止めを使っていても、4~6週間後に二次的な色素沈着が現れることがあります。
個人差はありますが、しばしば照射部位が一時的に茶色く変色します。
この二次的な色素沈着は、炎症や外傷によるメラニンの増加によるもので、通常3ヶ月ほどで自然に消失しますが、その間は再びメイクで隠す必要があります。

シミ治療後の色素沈着を防ぐため、当院では外用薬による治療を推奨しています。
シミ治療の2週間後の診察で、ハイドロキノンとトレチノインを処方することがあります。
これらの薬は医療機関でのみ入手可能な医薬品であり、通常の化粧品に比べて有効成分が多く含まれています。
ハイドロキノンとトレチノインは、二次的な色素沈着だけでなく、薄いシミや色素沈着の改善にも効果を発揮します。

ビタミンC、ビタミンE、トランサミンなどの内服薬を併用することを推奨しています。
ビタミンCやビタミンE、トランサミンの併用をおすすめしています。
レーザー治療と外用薬による外部治療に加え、内服薬やサプリメントによる内部治療を組み合わせて、美しい白い肌を目指します。

◆第4段階◆シミを防ぐためのメンテナンス

●シミを予防・改善するために、レーザートーニングを定期的に受けることをおすすめします。
レーザートーニングは、シミだけでなくお肌全体のトーンをアップし、
美白を維持する効果的な治療法です。
そのため、定期的なメンテナンスとして受けることをおすすめします。
継続することで、潜んでいるシミ予備軍を撃退し、新しいシミを作らないようにメンテナンスをしていきます。
シミの状態や肌質によって、メンテナンスの頻度は異なりますが、2週間から1ヶ月ごとに1回程度が目安です。
継続的なケアにより、シミの発生を抑え、新たなシミの形成を予防することができます。

  • レーザー照射前

  • レーザー照射後

  • レーザー照射前(UVカメラ)

  • レーザー照射後(UVカメラ)

◆第5段階◆美白に向けて

美白や肌の若返りを実現するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスには、プロのスタッフによる施術で肌の状態を改善するメディカルエステメニューや、肌に必要な栄養素を直接補給する点滴や注射などがあります。
メディカルエステメニューは、プロのスタッフによる施術で、肌の悩みを改善し、美白や肌の若返りを目指すことができます。
また、点滴や注射は、肌に必要な栄養素を直接補給し、肌の健康を維持することができます。

●メディカルエステ
●点滴Bar

しみ改善や美白に効果的なビタミンやグルタチオン、プラセンタなどの薬剤を、点滴で直接体内に取り入れます。
W CLINICの点滴Barでは、複数の薬剤を組み合わせることができるため、より効果的な美白治療が可能です。

点滴Barはこちら

しみに適した治療法

レーザー治療

メディカルスキンケア治療

注射・点滴治療

内服・外用治療/その他の治療

レーザー・RF治療
  1. PTPトーニング
  2. Genリジュビネーション
  3. 【NEW】ポテンツァ
  4. ウルトラセルQ+(HIFU)
  5. ウルトラセルQ+リニア
  6. プレミアムイントラジェン
  7. フラクショナルCO2
  8. フラクショナルアイリフト
  9. レーザー脱毛
  10. IPL光治療 ルメッカ
注入治療
ヒアルロン酸注射
ボトックス注射
  1. ベビーコラーゲン
  2. 目袋たるみ取り注射
    アイバックソリューション
  3. スネコス注射
  4. リジュラン注射(高濃度サーモン注射)
  5. NCTF135HA+注射
  6. 水光注射
  7. ヒト骨髄幹細胞治療サイトプロ
  8. BNLSアルティメット
  9. ダーマペン4
糸(スレッド)治療
スレッド(リフトアップ)
スレッド(引き締め)
手術
  1. 埋没法
  2. 部分切開法
  3. 全切開法
  4. 目頭切開法
  5. たれ目形成(グラマラスライン)
  6. 黒目整形
  7. 上まぶたの脂肪除去
  8. 下まぶたの脂肪除去
  9. 上まぶたのたるみ取り
  10. 下まぶたのたるみ取り
  11. 目の下のたるみ取り(裏ハムラ法)
  12. 眼瞼下垂手術
  13. 眉下切開手術(アイリフト)
  14. バッカルファット除去術
  15. 脂肪注入術
  16. 人中短縮手術(リップリフト)
  17. 口唇縮小手術
  18. 鼻尖形成術
  19. 小鼻縮小術
  20. 陥没乳頭手術
  21. 乳頭縮小手術
  22. 乳輪縮小手術
  23. 小陰唇縮小術
  24. 大陰唇縮小術
  25. 副皮除去術
  26. 肛門周囲余剰皮膚切除術
  27. 処女膜切開術
メディカルエステ
ピーリング
  1. ハイドラジェントル
  2. 高濃度ビタミンイオン導入
  3. ケアシス(エレクトロポレーション)
  4. エンビロンスペシャルトリートメント
  5. ゼオスキンヘルス
注射・点滴・検査
  1. プラセンタ注射
  2. にんにく注射
  3. 高濃度ビタミンC点滴
  4. プラチナ白玉点滴
    (美白グルタチオン)
  5. NMN点滴
  6. 【NEW】幹細胞エクソソーム(ピュアエクソソーム®)
  7. 点滴Bar
内服・外用・その他
  1. パースピレックス
  2. 陰部の色素沈着
  3. しみ・美白外用薬
  4. にきび外用薬
  5. ピアス
ACCESS
住所福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目26−5
Mビル1号館 8階
電話番号092-473-8050
最寄出口JR博多駅より徒歩5分
診療時間10時~19時
定休日年末年始(1/1~1/4)
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.