Wフェミナクリニック(婦人科)|ピル処方

ピル処方

ピル処方とは

ピルは一般的に避妊目的で使用するものだと思われがちですが、生理関係の不快な症状の改善(生理痛・月経不順など)、子宮内膜症の治療など多くの治療法として使用されています。
ピルの種類は大変多く、どの種類を飲めばいいのかわからないとおっしゃられる方も多くいらっしゃいます。
ピルは婦人科の専門医がカウンセリングをして処方するお薬です。
女性の様々な症状をしっかりと把握し、適切な処方ができる経験豊富な婦人科医師での診察・処方をおすすめします。
当院では、低用量ピル・緊急避妊ピル(アフターピル)など、目的に合ったピルの処方が可能です。
保険処方のピルもございますので、詳しくは婦人科専門医師ご相談下さいませ。

ピルの主な効果

生理痛の緩和
生理痛・生理前のイライラの軽減・生理不順などの、生理に関する不快な症状の改善に使用します。
また、生理期間の短縮や、月経量の減少の改善にも効果的なので貧血の治療にも。
大人ニキビ・多毛症の改善
男性ホルモンの産生と働きを抑えてくれるので、口周りやあご、フェイスラインにできる大人ニキビの改善に効果的です。
ホルモンのバランスが整いますので、ニキビだけでなく、多毛症でお悩みの方もご相談下さい。
高い確率の避妊効果
99.8%以上のほぼ確実な避妊効果が期待できます。
緊急避妊
緊急避妊薬のアフターピルは、十分な避妊が出来ていなかった性行為後に、緊急的に避妊効果を得るための方法です。
月経移動
生理の日程を早めたり遅らせたりする方法です。
中用量ピル・低用量ピルのどちらかの処方となりますので、専門医と相談してください。

ピルの副作用

  • まれにつわりによく似た経度の吐き気や頭痛の症状が見られます。数日で消失します。
  • 生理前のような乳房の張りが出る場合があります。人によっては1ヶ月ほどつづくことがありますが特に異常というものではありません。
  • 少量の不正出血が起こることがあります。
  • 血栓症(血管の中で血液が固まり血液が流れなくなる症状)のリスクがございますが、非常に稀な副作用です。