記事監修医師プロフィール

Kaoru Matsui

Wクリニック福岡院院長

松井 郁

2001年に福岡大学医学部医学科卒業後、多方面の医療分野に挑戦し、Wクリニック心斎橋院で経験を重ね、福岡院院長に就任。

小顔施術には様々な種類があります。ひとつの施術だけでなく複数の施術を受けることで、理想の小顔に近づくというケースもあるため、お顔の状態やお悩みに合わせた小顔施術を選ぶ必要があります。

ここでは、糸リフトとボトックスを組み合わせる小顔治療についてご紹介します。

 
質問者

先生、小顔になりたい場合、複数の施術を組み合わせたほうがより効果的なのでしょうか?

 
院長

お顔の状態により異なります。

ひとつの施術でも小顔になれることもありますが、効果が得にくい場合は複数の施術を組み合わせるという提案もさせていただいております。

 
質問者

例えばどのような組み合わせがありますか?

 
院長

口元の横から頬のあたりを糸リフトで引き上げてVラインを整える施術と、エラボトックスで咬筋の発達を縮小させるという組み合わせで、エラから頬まわりをすっきりと細くして小顔にするという方法があります。

 
質問者

ダウンタイムはあるのでしょうか?

 
院長

ボトックスはダウンタイムがほぼありませんが、糸リフトはむくみのような腫れと赤み、内出血などが出る可能性があります。

ただし次第におさまっていくため特に心配はありません。

 
質問者

効果はどれくらい続くのでしょうか?

 
院長

エラボトックスは、4ヶ月から半年くらい、糸リフトは、糸が吸収されていくのに1年くらいかかりますので、効果の持続も1年ほどと長めです。

 
質問者

効果を持続させたい場合はどうしたら良いでしょうか?

 
院長

効果が切れそうかなという時に再施術をおすすめしています。

小顔になりたい場合、糸リフトとボトックスを組み合わせることで、フェイスラインをより綺麗なVラインに仕上げることができます。

適している施術になるか診察で決めさせていただきますので、小顔になりたいという方はお気軽にご相談ください。