ゼオスキンヘルス(ZO SKIN HEALTH) | 大阪(心斎橋、梅田)・福岡(博多)のWクリニック

※休診日は年始(1/1~4)のみ

ゼオスキンヘルス(ZO SKIN HEALTH)

只今、電話予約は大変混みあっております。Web予約をおすすめいたします。
心斎橋院で施術をご希望される場合 06-6244-3030 までご連絡ください。 梅田院で施術をご希望される場合 06-4708-3666 までご連絡ください。 福岡院で施術をご希望される場合 092-473-8050 までご連絡ください。

ゼオスキンヘルスとは

ゼオスキンケアヘルスシステムは、皮膚科医としても世界で名声が高く、製品の開発者でもあるドクターオバジ(Zein Obagi,MD)によって開発されました。
肌を熟知する医師だからこそ可能な医療機関専用のスキンケアプログラムです。
皮膚治療をサポートする最新技術をもとに開発され、こだわりの品質と進化したバイオテクノロジーで厳選された高濃度成分をたっぷり惜しみなく配合しています。
お肌を熟知した医師のみが処方できるスキンケアプログラムなのです。

美しく健やかなお肌への近道は、まず自分自身のお肌を知ることから

スキンヘルスサークルという新しいスキンケア発想で、その時のお肌状態に合わせて、あらゆる角度から柔軟にプログラムをカスタマイズします。
一人ひとりに合ったスキンケアで美しく健やかな肌へと導ます。
「THERAPEUTIC」(肌を整えるケア治療)
「MAINTENANCE」(お肌のメンテナンス)
「DAILY SKIN CARE」(毎日のスキンケア)
「PROTECTION」(トラブルを未然に防ぐサポート)


治療→メンテナンス→スキンケア→トラブル予防。というサークルです。 このサークルのいずれかの過程で何か症状が発生したら、その都度治療を行う”トータルスキンケアサポート”を推奨しています。

究極の美肌治療 ”セラピューティックライン”

美容皮膚科でのお肌のお悩みと言えば、しみ、ソバカス、肝斑、くすみ、にきび、にきび跡の色素沈着・・・などが多く、お顔全体を美肌にしたい!ということが最終的な目的です。
そういったトータル的なお悩みには、「セラピューティックライン」の治療をおすすめしています。
セラピューティックラインは、上記の説明にあった”スキンヘルスサークル (ZO Skin Health Circle) の新しいコンセプトと最新の知見にもとづいて実施されます。
18週間のプログラムでお肌の色・質ともに美しい肌への改善を目指します。
セラピューティックラインでの治療期間中は、赤味や乾燥などのような症状がありますが、従来あったオバジニューダームシステムよりも保湿効果に優れ、皮膚がむけてくる症状は軽減されました。
皮膚がむける程度には個人差はありますが、患者様のライフスタイルに合わせて、使用する薬剤の量を調節できますのでご安心ください。

セラピューティックライン(ハイドロキノン配合)の使用方法

①普段使用されているクレンジングで洗顔 or ハイドレーティングクレンザー、ジェントルクレンザー、エクスフォリエ-ティングクレンザーで洗顔 ②バランサートナー(化粧水)
③ミラミン(美容クリーム) ④ミラミックス(美容クリーム
バランサートナー(化粧水)
まずはスキンケア準備です。
美容クリームを肌へ最適に浸透させるために不純物を取り除き、弱った肌のpHのバランスを整えます。
独自の技術で、乾燥・敏感・刺激反応を起こした肌を、いきいきとサポートします。
ミラミン(美容クリーム)
次に表皮の修復と肌色調(ブリーチング)を正常化させます。
しみやくすみを防ぐ力をサポートし、ハリのあるお肌へと導く美容クリーム。
4%ハイドロキノンでくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。
※ハイドロキノン配合
ミラミックス(美容クリーム)
そして真皮の修復と肌の色調(ブレンディング)を正常化させます。
4%ハイドロキノンのクリームが効果的に浸透し、明るく色ムラのない整った肌へと導きます。
シミやくすみを防ぐ力をサポートし、良質な肌の状態をキープします。
※ハイドロキノン配合

セラピューティックライン(ハイドロキノンが使用できない方)の使用方法

①普段使用されているクレンジングで洗顔 or ハイドレーティングクレンザー、ジェントルクレンザー、エクスフォリエ-ティングクレンザーで洗顔 ②バランサートナー(化粧水)
③ブライタライブ(美容クリーム ④普段使用されている日焼け止め or BSサンスクリーンSPF50 (118g)
バランサートナー(化粧水)
まずはスキンケア準備です。
美容クリームを肌へ最適に浸透させるために不純物を取り除き、弱った肌のpHのバランスを整えます。
独自の技術で、乾燥・敏感・刺激反応を起こした肌を、いきいきとサポートします。
ブライタライブ(美容クリーム)
次に表皮の修復と肌色調(ブリーチング)を正常化させます。
紫外線や日々のストレスなどのさまざまなダメージにさらされた肌の、シミやすくみにアプローチし、明るく透明感のあるお肌を目指します。
酸化反応などにアプローチする2種の植物成分を配合し外的要因によるダメージに負けない肌に導きます。

症例写真

ゼオスキン(セラピューティックライン)使用前
29才女性・・・顔全体の細かいしみとくすみ、慢性的に出るにきびが気になっていた。
ゼオスキン(セラピューティックライン)18週間後
細かく出ていたしみが解消し、顔全体のトーンが上がった。目元のくすみが明らかに解消されている。慢性的に出ていたにきびが出なくなった。
ゼオスキン(セラピューティックライン)使用前(UV撮影)
ゼオスキン(セラピューティックライン)18週間後(UV撮影)

よくある質問

直接クリニックに行って、受付で購入可能ですか?
初回は必ずカウンセリングが必要となります。他院で購入し使用していたとしても使用している商品やお肌の状態を診せて頂いてから、ゼオスキン商品の購入となります。
お時間を頂きますが、お電話にてご予約お取りくださいませ。
商品を購入する場合毎回カウンセリングが必要ですか?
カウンセリングがお済の方は再度カウンセリングの必要はございません。お肌の状態を診察させて頂くために、なるべく1ヵ月ごとに経過の診察をお勧めしております。
トレチノイン購入時は毎回診察は必要ですか?
初めてトレチノインを使用される時には必ず診察が必要です。セラピューティック中ですでにトレチノインを使用されている方は再度診察の必要はございません。
事前にご連絡頂きますと診察なしで受付にてご購入可能となります。
使用期限について教えて下さい。
開封前の期限は、容器に印字されている消費期限に記載されている通りです。
チューブタイプの製品は、キャップの反対側に消費期限が印字されています。
ボトルタイプの製品は、ボトルの底に印字されています。開封後の使用期限は、6ヶ月を目安にご使用下さい。
レーザー治療やエステ治療の併用はできますか?
赤みや皮むけが起きていない場合はレーザーやエステを受けて頂いても問題ございません。
赤み、皮むけ、その他何らかの症状のある場合は、施術をする日の1週間前までにゼオスキンの使用を中止してから、医師の診断に従って受けて頂くようお願いします。
トナーを付ける場合はコットンと手のどちらがいいですか?
どちらでもご使用いただけます。
皮剥けの時期にファンデーションやメイクはできますか?
皮剥けの時期にファンデーションやメイクをすることは可能ですが、お化粧品の種類によってはしみる場合がございます。
ゼオスキンのサンスクリーンプラスプライマーSPF30は、化粧下地効果もございますので皮剥け時期にお勧めです。
人と会う為(仕事)に一旦肌の状態を戻したいのですが、使用を中止してもよいですか?
トレチノイン、アクティブビタミンAシリーズ(ARナイトリペア、Wテクスチャーリペア、スキンブライセラム0.25、スキンブライセラム0.5)の使用を中止することで赤み、皮剥けは落ち着いてきます。
それでも気になる場合は、ご予定の1週間ほど前からゼオスキンの使用を中止してください。中止した場合は普段のスキンケアをご使用下さいませ。
皮膚が痒くなります。どうしたら良いですか?
ビタミンAなどの反応と乾燥で強い痒みが出る場合がございます。
掻いてしまうと色素沈着になる可能性がありますので、RCクリームや白色ワセリンを使用する事で痒さは軽減いたします。ご相談下さい。
乾燥がひどいです。どうしたら良いですか?
ゼオスキンを使用中は乾燥します。
RCクリームを塗布していただくと乾燥が軽減されます。
ゼオスキンは全部揃えるといくらかかりますか?
購入する製品、シリーズによって値段は変わって参りますが、おおよその目安は4~6万円前後となります。
カウンセリングではコストを抑えた最低限のご提案も可能なので、ご相談ください。
皮が剥けないのですが、使用方法はあっていますか?
ゼオスキンの治療に使用するレチノールやトレチノインは、濃度や、使用を続ける期間によって、赤みや皮剥けなどの反応が違ってきます。
皮膚の剥離には個人差がございますが、ご自身のお肌の状態を見ながら使用量や使用頻度に変化をつけて頂いても大丈夫です。
ご心配な方は再診で診せて頂くこともできますので、ご予約をお取りくださいませ。
妊娠・授乳中でも使用できますか?
高濃度レチノールが入っているARナイトリペア、スキンブライセラム、Wテクスチャーリペアはご使用できません。
その他の製品は使用可能ですが、ご心配な方は医師の診察を受けて下さい。

その他のゼオスキン商品はこちら

※ゼオスキンの商品を購入するには、最初に当クリニックで医師の診察が必要となります。
まずは診察のご予約をお取りくださいませ。初回の方はこちらのショップからはご購入することができませんのでご了承くださいませ。
レーザー・RF治療
  1. PTPトーニング
  2. ピコトーニング
  3. ピコフラクショナル
  4. ピコスポット(シミ取り)
  5. ピコレーザー
    (刺青・アートメイク除去)
  6. ピンクピコレーザー
    (乳輪乳頭の美白)
  7. Genリジュビネーション
  8. ウルトラセルQ+(HIFU)
  9. エラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)
  10. プレミアムイントラジェン
  11. フラクショナルCO2
  12. ニードルフラクショナル
  13. IPL光治療 セレックV
  14. エクセルV
  15. ジェネシスV
  16. 美肌レーザー
  17. CO2レーザー(ほくろ・イボ除去)
  18. ナチュラルアイリフト
  19. フラクショナルアイリフト
  20. イントラジェンアイシャワー
  21. ワキドライレーザー
  22. インティマレーザー(腟縮小)
  23. インティマホワイトニング(デリケートゾーンの黒ずみ)
  24. リポセル
  25. クリスタルplus
  26. レーザー脱毛
注入治療
ヒアルロン酸注射
ボトックス注射
  1. ベビーコラーゲン
  2. 目袋たるみ取り注射
    アイバッグソリューション
  3. エランセ注射
  4. リジュラン注射
    (高濃度サーモン注射)
  5. プレステージPRP血小板療法
  6. NCTF135HA+注射
  7. PFC療法
  8. 水光注射
  9. U-225(メソガン)
  10. オスモインジェクター
  11. プラズマシャワー
  12. 臍帯血幹細胞培養上清液
  13. ヒト骨髄幹細胞治療 サイトプロ
レディエッセ注射
  1. BNLS注射
  2. カクテル注射
  3. 輪郭注射
  4. キャロットリポジェクション(人参注射)
  5. サクセンダ
  6. 二重あご注射
  7. 脂肪溶解注射
  8. ダーマペン4
  9. ニューダーマローラー
  10. 頭皮メソセラピー
糸(スレッド)治療
スレッド(リフトアップ)
スレッド(引き締め)
スレッド(鼻筋)
手術
  1. 埋没法
  2. 部分切開法
  3. 全切開法
  4. 目頭切開法
  5. たれ目形成(グラマラスライン)
  6. 黒目整形
  7. 上まぶたの脂肪除去
  8. 下まぶたの脂肪除去
  9. 上まぶたのたるみ取り
  10. 下まぶたのたるみ取り
  11. 眼瞼下垂手術
  12. 眉下切開手術(アイリフト)
  13. バッカルファット除去術
  14. あごのプロテーゼ手術
  15. 鼻のプロテーゼ手術
  16. 鼻尖形成術
  17. 小鼻縮小術
  18. 小鼻縮小術(スレッド)
  19. 鼻下短縮術(リップリフト)
  20. 口唇縮小手術
  21. 小陰唇縮小術
  22. 大陰唇縮小術
  23. 陥没乳頭手術
  24. 乳頭縮小手術
  25. 乳輪縮小手術
メディカルエステ
クリスティーナ
ピーリング
  1. ゴールドアクネトリートメント
    (GOLD PTT)
  2. ビタミントリートメント
  3. ケアシス(エレクトロポレーション)
  4. H2ハイドロクレンジング
  5. エンビロンスペシャルトリートメント
  6. ゼオスキンヘルス
  7. カーボキシー(高濃度炭酸ガスパック)
  8. キャビテーション
  9. ドクタースリム(トリプルシステム)
  10. ウィンバック
  11. 頭皮エレクトロポレーション
  12. 美脚整体/腸セラピー
注射・点滴・検査
  1. プラセンタ注射
  2. にんにく注射
  3. 高濃度ビタミンC点滴
  4. プラチナ白玉点滴
    (美白グルタチオン)
  5. 血液クレンジング
  6. NMN点滴
  7. 点滴Bar
  8. フードアレルギー検査
  9. 肥満遺伝子検査 DNA SLIM
  10. 性感染症検査
  11. ブライダルチェック
内服・外用・その他
  1. 痩身漢方
  2. 内服・外用(FAGA治療)
  3. グラッシュビスタ®(まつげ外用薬)
  4. パースピレックス
  5. ピアス
  6. 陰部の色素沈着
  7. 乳頭・乳輪の黒ずみ
  8. しみ・美白外用薬
  9. にきび外用薬
  10. ピル
  11. 歯のホワイトニング
アートメイク
  1. Do’Contour~ドゥコントア~(MACメディカルアートメイク)
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.