ボトックス®注射(多汗症) | 大阪(心斎橋、梅田)・福岡(博多)のWクリニック

※休診日は年始(1/1~4)のみ

ボトックス®注射(多汗症)

只今、電話予約は大変混みあっております。Web予約をおすすめいたします。
心斎橋院で施術をご希望される場合 06-6244-3030 までご連絡ください。 梅田院で施術をご希望される場合 06-4708-3666 までご連絡ください。 福岡院で施術をご希望される場合 092-473-8050 までご連絡ください。

ボトックス®注射(多汗症)

W CLINICでは、アラガン社のボトックス®注射を使用しています。
韓国製ではありません。

●厚生省認可のボトックス製材を使用しているので、持続性・効果が高く、安全・安心です。
●保険適応で治療して頂けます(両わき)

汗止めボトックス®注射の基礎知識

日本人の多汗症人口は約720万人と言われています。そのうち重度の多汗症人口は約358万人!
約半数の方が重度の多汗症に悩まれているということになります。
ワキ以外の多汗症人口を合わせると、7人に1人が多汗症状があると言われています。
「多汗症は病気」という認知度が低いため、実際に病院を訪れて治療している数は約3万5千人~7万人ぐらいだと推察されています。

汗が出る仕組み

わきの下には、エクリン汗腺(汗を出す)・アポクリン汗腺(ニオイを出す)の2種類の汗腺が存在します。
全身に分布するエクリン汗腺からは、サラサラとした臭いのほとんどない汗を出します。
わきやおへその周りなど局所的に分布するアポクリン汗腺からは、脂肪や鉄分やアンモニアなどを含んだ粘りのある汗が出ていて、皮膚の雑菌が存在する事が重なることでわきの臭いの原因となります。
両方とも、「アセチルコリン」という神経伝達物質が発汗を促しています。

ボトックス®注射で汗が止まるメカニズム

わきの下にボトックス®注射を打つと、自律神経の末端から分泌させる伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑制する作用が働き、汗腺の働きを鈍くします。
アセチルコリンは交換神経の末端で発汗を促すので、この分泌をボトックス®注射で抑制することで過剰な汗をブロックしてくれます。汗の量を抑え、同時にワキガの臭いを抑えることもできます。
ボトックス®注射を打って、1週間前後くらいから効果が出てきます。
ボトックス®注射注入はわずかな時間で施術ができ、傷跡も残らず手軽に受けて頂くことができます。
手術に抵抗がある方時間の取れない方には、おすすめです。
まずは外用薬をおすすめしております。
わきの多汗症ボトックス注射は、全ての人が保険適応になるわけではございません。
診察させて頂いて、重度の原発性腋窩多汗症と診断された方のみが保険適応で受けて頂けます。
ボトックス注射の前に、まずは外用薬を使用して頂く場合もございます。
詳しい診断はカウンセリングにて医師が行いますので、まずは診察にお越しください。

●汗止め外用薬 エクロックゲル 1本20g
・わき用(保険適応)約¥1500 ※別途診察料必要
・手足用¥5,500(税込・保険適応外)

また、ボトックス注入と一緒に、飲む汗止め内服薬をおすすめ致します。
ワキ、手の平、足の裏、背中、胸やヒザの裏なども汗を抑えてくれる効果があります。

●汗止め内服薬 1ヶ月分 ¥8,800(税込・保険適応外)
<原発性腋窩多汗症の診断基準>
明らかな原因(他の病気や薬の使用)がないまま、ワキに多量の汗をかく症状が6カ月以上続いていることに加えて、以下の6項目中2項目以上を満たす

□ 両方のワキに多量の汗をかき、左右の量は同じくらいである
□ ワキに多量の汗をかくことにより、日常生活に支障がある
□ 週1回以上、ワキに多量の汗をかくことがある
□ 最初に症状が見られたのは25歳未満の時である
□ 家族・親族の中に、同じような症状のある人がいる
□ 睡眠時は、ワキに多量の汗をかくことはない
<原発性腋窩多汗症の重症度判定>
1.発汗は全く気にならず、日常生活に支障がない
2.発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
3.発汗はほとんど我慢できす、日常生活に頻繁に支障がある
4.発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある
3および4は重度と判定されます。

注入可能な部位

※両わき以外の多汗症を治療できるのはボトックス®注射のみです。男女関係なく治療できます。

ダウンタイム

  • 【施術時間】・・・10分ほどで終了します。
  • 【麻酔】・・・なし。痛みが心配な方には、麻酔テープか麻酔クリームを塗布します。(別途料金必要)
  • 【腫れ・傷跡】・・・注射のため腫れはありません。直後は針穴程度の傷跡と赤みができますがすぐに消失します。体質により稀に内出血が出る場合があります。打ち身と同じなので数日で改善します。
  • 【通院ペース】・・・検診は特になし。2回目の施術は4ヶ月以上開けて下さい。
  • 【お薬】・・・当日より可能。
  • 【メイク】・・・なし。
  • 【洗顔・シャワー・入浴】・・・当日より可能。注入部位に熱いお湯をかけないように注意して下さい。しばらくの間は温泉やサウナは避けて下さい。
  • 【備考】・・・5日~14日ぐらいで徐々に効果が出てきます。効果が完全になくなる前に追加注入すると効果が持続しやすいため、継続治療をお勧めしています。

よくある質問

汗止めボトックスは保険が効きますか?
わきの重度の多汗症と診断された場合のみ保険が適応されます。全ての人が保険適応になるわけではございません。
症状は医師が診断いたしますので一度ご来院下さいませ。
手足やボディの多汗症は保険適応外になりますのでご了承下さい。
※電話やメールでのお問い合わせでは保険適応かどうかの判断はできかねます。
先日、保険診療でワキのボトックスをしたが、効果があまりないです。追加してほしい。
保険診療のボトックス注射は最大量が決められております。保険の範囲を超えて追加注入の場合は、自費にて追加が可能です。
また、わきに直接塗る事で汗を止めるエクロックゲルやパースピレックスもございます。
わきボトックスでも効果が薄い場合は、まずはエクロックゲルやパースピレックスの使用をオススメいたします。
再度、保険でご希望の場合は4ヶ月空けていただきましたら保険での治療が可能です。
手のひらのボトックスは指も入りますか?
基本的には手の平の設定のため入りませんが、単位数が決まっているため、指に分散させて注入することはできます。
診察にて医師にご相談下さいませ。
ワキボトックスは子供でも打つことができますか?
中学生以上のお子様なら可能です。
15歳未満のお子様は保険が適応外になります。
その場合は自費診療になりますので、使用量によっても変わりますが10万円前後となっております。
ワキボトックスは自費でいくらですか?
使用量によっても変わりますが10万円前後となっております。
※15歳未満の方は保険適応外なので自費での診療となります。

パースピレックス

~汗腺の奥に直接「フタ」をして汗を制御!長時間サラサラ~
パースピレックス(Perspirex)は、特許処方による新しいタイプの医薬品の制汗剤です。
パースピレックスの一番の特徴は、なんといっても長時間持続型ということと、市販の制汗剤では抑制が難しかった手の平や足の裏の汗にも効果的だということです。
●長時間持続型
1回の使用で3~5日間、汗のお悩みが解決できます。
今までの市販の制汗剤やデオドラント用品などは、効果の持続時間が短いため、外出中や仕事中、スポーツ活動の最中に制汗効果が薄まってしまい、何度も塗りなおしたりする手間がありました。
パースピレックスは角栓がターンオーバーで排出されるまでの間持続しますので、3~5日間は効果が持続してくれます。
(※皮膚のターンオーバー(=新陳代謝)によって、角栓は自然に排出されます。)
●手の平や足の裏にも塗布が可能
パースピレックスは汗を抑制したい部位に塗布すると、主成分の塩化アルミニウムが汗腺深部に角栓を形成し、汗腺に直接「フタ」をしてくれるのです。
この働きによって、手を洗ったり、お風呂に入っても効果が長続きし、塗り直しの手間が必要がありません。
ワキの下はもちろん、手の平や足の裏にも効果的に汗を抑えてくれると言うわけです。
●使いやすい無香タイプ
他の香りでにおいを隠したり、殺菌成分で臭いの発生を抑えるのでなく、臭いの元となる汗を抑制するものです。
もちろん男性の方にも気軽にお使いいただけます。
無香料なので、女性のフレグランスの香りも邪魔することはありません。
●衣服への色移りがありません。
パースピレックスは衣服への色移りや、白い筋や粉っぽさなどが残ることはありません。
※ パースピレックスは医療機関専売品(医薬品)です。

ご使用方法

①就寝前に塗布します。
※夜間は汗腺の活動が抑えられますので、パースピレックスによる角栓が作り易くなるため就寝前の塗布が一番効果的です。
②パースピレックスを塗布した部位を、完全に乾かしてから着衣してください。
③翌朝、塗布した部位を汗取りシートや濡れたタオルなどで拭いてください。
※その際、塗り直しの必要はありません。
④効果が出るまで1週間ほど毎晩続けて下さい。その後、効果が出始めてからは週2~3回の塗布で効果が持続します。
※副作用・・・パースピレックスは主な副作用は報告されておりません。ご使用中に刺激を感じたり発赤を生じたり痒みが出たりした場合は直ちに使用を中止してください。
レーザー・RF治療
  1. PTPトーニング
  2. ピコトーニング
  3. ピコフラクショナル
  4. ピコスポット(シミ取り)
  5. ピコレーザー(刺青・アートメイク除去)
  6. ピンクピコレーザー(乳輪乳頭の美白)
  7. Genリジュビネーション
  8. ウルトラセルQ+(HIFU)
  9. エラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)
  10. プレミアムイントラジェン
  11. フラクショナルCO2
  12. ハイブリッド痩身アダマント
  1. フォトナ6D
  2. ニードルフラクショナル
  3. IPL光治療 セレックV
  4. ナチュラルアイリフト
  5. ワキドライレーザー
  6. リポセル
  1. フォトナレーザー(スムースリフト)
  2. リップレーズ(スマイルリップ)
  3. エクセルV
  4. ジェネシスV
  5. インティマレーザー(腟縮小)
  6. インティマホワイトニング(デリケートゾーンの黒ずみ)
  7. クリスタルplus
注入治療
ヒアルロン酸注射
ボトックス注射
レディエッセ注射
  1. ベビーコラーゲン
  2. 目袋たるみ取り注射
    アイバッグソリューション
  3. エランセ注射
  4. 【NEW】スネコス注射
  5. 【NEW】ミラクル注射(首のしわ)
  6. リジュラン注射(高濃度サーモン注射)
  7. NCTF135HA+注射
  8. PFC療法
  9. 水光注射
  10. U-225(メソガン)
  11. オスモインジェクター
  12. 臍帯血幹細胞培養上清液
  13. ヒト骨髄幹細胞治療サイトプロ
  14. BNLS注射
  15. カクテル注射
  16. キャロットリポジェクション(人参注射)
  17. 二重あご注射
  18. 脂肪溶解注射
  19. ダーマペン4
  20. ニューダーマローラー
  21. 頭皮メソセラピー
  1. プラズマシャワー
  1. サクセンダ
  2. プレステージPRP血小板療法
糸(スレッド)治療
スレッド(リフトアップ)
スレッド(引き締め)
スレッド(鼻筋)
手術
  1. 埋没法
  2. 部分切開法
  3. 全切開法
  4. 目頭切開法
  5. たれ目形成(グラマラスライン)
  6. 黒目整形
  7. 上まぶたの脂肪除去
  8. 下まぶたの脂肪除去
  9. 上まぶたのたるみ取り
  10. 下まぶたのたるみ取り
  11. 目の下のたるみ取り(裏ハムラ法)
  12. 眼瞼下垂手術
  13. 眉下切開手術(アイリフト)
  14. バッカルファット除去術
  15. 脂肪注入術
  16. 脂肪吸引
  17. あごのプロテーゼ手術
  18. 人中短縮手術(リップリフト)
  19. 鼻のプロテーゼ手術
  20. 鼻尖形成術
  21. 小鼻縮小術
  22. 小鼻縮小術(スレッド)
  23. 陥没乳頭手術
  24. 乳頭縮小手術
  25. 乳輪縮小手術
  26. 小陰唇縮小術
  27. 大陰唇縮小術
メディカルエステ
クリスティーナ
ピーリング
  1. ビタミントリートメント
  2. ケアシス(エレクトロポレーション)
  3. H2ハイドロクレンジング
  4. エンビロンスペシャルトリートメント
  5. カーボキシー(高濃度炭酸ガスパック)
  6. ゼオスキンヘルス
  7. ゴールドアクネトリートメント
    (GOLD PTT)
  8. キャビテーション
  9. 頭皮エレクトロポレーション
  10. 美脚整体/腸セラピー
  1. ウィンバック
  2. ドクタースリム(トリプルシステム)
注射・点滴・検査
  1. プラセンタ注射
  2. にんにく注射
  3. 高濃度ビタミンC点滴
  4. プラチナ白玉点滴
    (美白グルタチオン)
  5. 血液クレンジング
  6. NMN点滴
  7. 点滴Bar
  8. フードアレルギー検査
  9. 肥満遺伝子検査 DNA SLIM
  1. 性感染症検査
  2. 子宮頸がん予防ワクチン
  3. ピル
  4. ブライダルチェック
内服・外用・その他
  1. 痩身漢方
  2. FAGA治療
  3. グラッシュビスタ®(まつげ外用薬)
  4. パースピレックス
  5. 陰部の色素沈着
  6. 乳頭・乳輪の黒ずみ
  7. しみ・美白外用薬
  8. にきび外用薬
  9. 歯のホワイトニング
  10. ピアス
アートメイク
  1. 妊娠線 / 肉割れ / 傷跡修正
  2. Do’Contour~ドゥコントア~(MACメディカルアートメイク)
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.