短時間でリフトアップ効果を期待できる糸リフトに興味がある方も多いです。

手軽にできる上、ダウンタイムは最小限と魅力的です。

糸リフトをされたい方に効果や痛み、Wクリニック梅田院・心斎橋院で施術できる糸の種類別値段についてお伝えします。

心斎橋院に興味ある方はこちら

心斎橋院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

心斎橋院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院に興味ある方はこちら

梅田院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

糸リフトとは

糸リフトとは別名「スレッドリフト」と呼ばれており、切らないフェイスリフトのことです。フェイスリフトのように大掛かりな手術を施すことがなく、短時間で効果を実感できます。近年、若返りの治療法として注目されています。

時間が経つと、自然に体内に溶け込む特殊な医療用の糸を皮膚の下に通すことで、フェイスラインを引き上げます。引き上げ効果はもちろん、この糸にはコラーゲンを作り出す作用が含まれているため、糸リフトの施術を行った周りの肌の内側からハリ感や若見えを実感できます。

ハリを失ったフェイスラインをリフトアップしてくれる糸リフトは「たるみ予防」として20代の若い世代でも治療を行う方が増加しています。

糸リフトの効果

糸リフトは施術部位のみならず、糸の種類の豊富さにより様々な効果をもたらします。

まずは糸リフトの効果について解説します。

リフトアップ効果

糸リフトは、フェイスラインだけではなく目元やほうれい線まわりにいたるまで様々な部位に施術できます。

顔の印象をガラリと変えるだけでなく、たるみやフェイスラインがすっきりすることで若々しくなれます。

ダウンタイムが少ない

糸リフトの施術が人気の理由として、見た目にでるダウンタイムが少ないことがあげられます。

施術後の傷が小さく、その日から施術部位以外はメイクが可能です。

ダウンタイムが少ないことで普段のメイクや生活にも支障がないのが糸リフトのメリットです。

即効性がある

直接糸を入れることでリフトアップをする糸リフトは、いれた直後から即効性があります。

術後に頬の上がりを実感できます。

糸リフトの効果時間について詳しく知りたい方は「糸リフトの効果期間はどれくらい?効果と副作用も解説」の記事もあわせてご覧ください。

痛みが少ない

糸リフトの施術は局部麻酔をした上で行います。

糸は髪の毛よりも細く、先端が丸いものもあります。

痛みに弱い人は、カウンセリングにて伝えると他麻酔の提案もあります。

ハリやたるみ改善

糸リフトは、頬周りだけでなく気になるゴルゴラインや目の下といった年齢悩みが出やすい部位にも施術できます。

糸の種類も多く、コラーゲンを含む糸は肌のハリや艶を与え、ビタミンCを含む糸はニキビ肌やシミに効果があります。

主に溶ける糸を使用しているので、再度糸を取り除く必要がなく希望に応じた施術が可能です。

糸リフトの効果について詳しく知りたい方は「糸リフトの持ちはどれぐらい継続する? 糸リフトの効果や施術経過について紹介」の記事もあわせてご覧ください。

他のリフトアップ治療との違いは?

リフトアップの代表的な治療法として下記のようなさまざまな手法があり、それぞれの特徴とメリット・デメリットがあります。

 

施術概要

ハッキリとした引き上げ効果

引き上げ効果の強さ

糸リフト

医療用の糸を皮膚の下に通して物理的に肌を持ち上げる

形成外科術

皮膚を切開して持ち上げてから縫い留める

HIFU

超音波を用いて筋肉や肌の引き締めを行う

サーマクール

ラジオ波の熱を用いて筋肉や肌の引き締めを行う

糸リフトは他の治療法と比較して、施術直後から効果を感じやすいのが最大の特徴です。また、ダウンタイムがなく、何度でも繰り返し施術を行うことができるため、たるみが気になってきたらその都度治療を受けられる気軽さがあります。

糸リフト施術がおすすめな人

糸リフトは以下のような方におすすめできる治療法です。

  • 頬や顎のたるみが気になる人
  • ほうれい線が深くなった人
  • フェイスラインがぼやけてメリハリを感じなくなった人
  • 肌に活力がない人 将来のためにたるみを予防したい人
  • ダウンタイムが気になる人
  • メスを入れることに抵抗がある人
  • 大掛かりな手術はしたくない人

糸リフトはたるみ解消の施術ですが、予防する効果もあるため、20代などの若いうちから将来のためにたるみ予防として施術することもおすすめできます。効果の持続期間が短く、永久的な施術とは言えませんが、施術しないよりはたるみを予防してくれます。

心斎橋院に興味ある方はこちら

心斎橋院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

心斎橋院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院に興味ある方はこちら

梅田院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

糸リフトの値段と種類別効果

糸リフトの効果を知った上で気になるのが施術費用です。

糸リフトの種類別費用をお伝えします。

また、糸リフトにも用途や希望に応じて効果が異なります。

糸リフトの種類 値段 特徴
G-COGリフト 1本44,000円(税込) 糸の先端が鋭利ではなく、ダウンタイムが少ない。リフトアップ効果がある。
Zリフト 1本38,500円(税込) 360度螺旋状に棘があり、引っ掛かりが多い。即効性が期待できる。
Vリフト 20本55,000円(税込) 髪の毛よりも細い糸を使用しており、ダウンタイムが少ない。たるみにも効果がある。
ビタミンリフト 20本88,000円(税込) ビタミンCを含む専用の糸を使用。ニキビやシミ改善に効果がある。
プレミアムコラーゲンリフト 1本19,800円(税込) コラーゲンを含む専用の糸を使用。アンチエイジング効果が期待できる。
アイリフト 20本88,000円(税込) 目元専用の糸リフト。弛んだ目元を改善に導く効果がある。

 

G-COGリフト

鉄条網型の特殊な糸を使用しており組織に固定しやすく、コグと呼ばれる引っかかりがある形状が特徴です。

リフトアップ効果が期待できますし、柔軟性のある糸ですので、顔にフィットしやすく痛みも少ないのが魅力的です。

また先端が鋭利ではないので、ダウンタイムを最小限にできます。

G-COGリフトは、1本44,000円(税込)なっています。

Zリフト

360度らせん状にトゲが巡らせられており、皮下組織に引っかかりやすく糸の太さからリフトアップ効果をより感じたい方におすすめです。

また、施術後の即効性や実感を得たい方に推奨します。

Zリフトは1本38,500円(税込)となっています。

糸が太いことで痛みが不安と感じますが、麻酔をした上で施術をするので怖いと感じる方も安心です。

Vリフト

リフトアップ効果を目指したい方にお勧めの糸です。

医療成分PDSといった外科手術にも使用された安全性の高いものを使用しています。

糸が髪の毛よりも細く、たるみ改善にも効果があります。

皮膚の浅い部分に糸を入れるので、施術後針を通した部位以外メイクができるほどダウンタイムが少ない施術です。

20本55,000円(税込)にて施術対応しています。

また本数は最大で100本選択できますが、カウンセリングを通して患者さんの希望に合った本数を選択できます。

ビタミンリフト

他の糸リフトとは異なり、ビタミンCを含む専用の糸リフトにて肌改善を目指した施術です。

ビタミンCは、ニキビやシミ改善に効果があるのでダウンタイムを抑えた治療を考えている方におすすめします。

細い糸を使用しており20本から施術本数を選べます。

ビタミンリフトは20本88,000円にて施術ができます。

また100本のメニューも完備しています。

プレミアムコラーゲンリフト

コラーゲンを含む専用の糸を利用した糸リフトです。

コラーゲン増量を期待できる効果だけでなく、たるみ改善にも使用できます。

フェイスラインが変わることで顔まわりがスッキリしますし、若々しい印象へ導きます。

1本19,800円にて施術できます。

アイリフト

目元周り専用の糸リフトです。

皮膚の薄い目元周りもたるみなど気になる部位だからこそ改善したい部位です。

アイリフトは20本88,000円にて施術しています。

糸リフトの溶ける糸と溶けない糸の違い

糸リフトには溶ける糸と溶けない糸の2種類があります。溶ける糸はもともと血管に使用する素材でできています。

溶ける糸

溶ける糸はPDO(ポリジオキサン)、PCL(ポリカプロラクトン)、PLLA(ポリ-L-乳酸)などの素材でできています。

吸収されるまでの時間には個人差がありますが、PDOは約6〜12ヶ月、PCLとPLLAは約18ヶ月から36ヶ月かけて次第に吸収されてなくなると言われています。

PDOは吸収スピードが早く美肌効果が、PCLやPLLAは伸縮性が高くリフトアップと美肌の効果のバランスが期待できるのが特徴です。

溶けない糸

溶けない糸は、芯はポリエステル、外面と棘(コグ)はシリコンの素材を使用してできています。この棘(コグ)が4方向に密度高く設置されており、糸そのものの伸縮性が高いのが特徴です。溶ける糸と比較すると直接のリフトアップ力が高く、本格的にたるみが気になる40代以降の老化予防が目的で使用されます。

この糸は吸収されることなくそのまま体内に残るため、肌の引き上げ力は維持されます。ただし、加齢による肌の老化によりたるみは再発します。

糸リフトのリスクと注意点

施術後は挿入部に痛みを感じたり、ダウンタイムの一部で顔全体が浮腫んだり、一時的に傷跡が残ったりすることがあります。

大きく口を動かしたり、運動や飲酒など血行促進につながる行動をしたり、うつ伏せにして寝たりするようなことは控えましょう。

ダウンタイム

よく見られるダウンタイム中の症状として、痛みや腫れ、口の開けづらさ、皮膚のひきつれや違和感、糸刺入部の凹みや内出血などがあります。これらの症状は、個人差はありますが、通常1週間以内になくなります。

また、施術の翌日はこめかみ付近に腫れぼったさが感じられますが、数日で改善します。稀に糸刺入部に黄色い色素沈着のような内出血が見られますが、2週間程度で完全に消失します。

特に溶けない糸を使用した場合、引き上げ効果が強い分、最長で1ヶ月程度ひきつれの線が出てしまうことがありますが、時間の経過で消えます。

合併症

糸が溶ける・溶けないに関わらず、下記のような合併症が生じることがあります。

  • 激しい痛みや熱感を感じる
  • アレルギー反応を起こしている
  • 引き上がり過ぎて目つきが変わった
  • 左右差が著しい 糸が飛び出している
  • 感染症を引き起こした

施術箇所に局所麻酔の注射を行うため、まれに麻酔が原因でアレルギーや接触性皮膚炎を起こすことがあります。

また、施術後の違和感が残る際は直後に修正ができたり、追加で施術し治療を行ったり、適切な処方や処置が必要になったりする場合があります。 気になる場合は医師に相談しましょう。

持続時間は永久ではない

糸リフトのデメリットにもなりますが、糸リフトによる肌のたるみ防止の効果は永久ではありません。

使用する糸が溶けるタイプなのか、溶けないタイプなのかを確認しましょう。個人差はありますが、糸リフトの持続期間は約1年から1年半と短いです。そのため、長期的な引き上げ効果を期待している方には向いていません。

ただし、糸が体内に浸透し、消えた後も糸の繊維が残り続け、顔のたるみを引き締め続けてくれるため、施術をしなかった場合と比べて肌が緩みにくくなります。たるみの予防効果は半永久的で、糸の材質によっては持続期間が長いものもあります。

注意点

糸リフトの施術後1週間から2週間はつい無意識にやってしまう行動にも注意が必要です。施術後は以下のようなことに気をつけましょう。

  • 大きく口を動かさない
  • 血行促進につながる行動は避ける
  • 顔を触ったり、うつ伏せに寝たりしない

無理に口を大きく開けたり動かしたりすると、固定されている糸のコグが外れたり、糸がねじれたりする原因になります。合わせて、顔や体の一部に重心をかけるような姿勢をしたり、必要以上に患部を触ったりして刺激することは控えてください。

また、長時間の入浴やサウナ、マッサージ、運動、飲酒などによって血行を促進するような行動は皮膚の炎症を起こす原因になります。患部を温めるより冷やすようにしましょう。

心斎橋院に興味ある方はこちら

心斎橋院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

心斎橋院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院に興味ある方はこちら

梅田院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

糸リフトのメリットとデメリット

糸リフトはダウンタイムが短い施術を受けたいとき、加齢による肌のたるみを予防・改善したいときに効果的です。 糸リフトには以下のようなメリットとデメリットが挙げられます。

メリット

・効果を実感しやすい

・肌のたるみを予防できる

・弾力やハリのある肌を目指せる

・施術の翌日から化粧ができる

デメリット

・ひきつると修正が難しい

・他のフェイスリフトの治療法よりも劇的な変化を感じづらい

・他のフェイスリフトの治療法より効果の持続期間が短い

施術を行う前にはメリットとデメリットをしっかりと理解し納得した上で判断しましょう。

糸リフトのデメリットについて詳しく知りたい方は「糸リフトのデメリットは3つ?事前の準備でデメリットを回避する方法を紹介」の記事もあわせてご覧ください。

糸リフト施術の流れ

1.予約
電話かメールフォームで事前予約します。

2.受付
問診票を入力します。

3.洗顔
洗顔前に正しい洗顔方法を説明します。

4.カウンセリング
専門のカウンセラーによる問診を行います。

5.医師の診察
施術内容などを説明します。

6.施術の案内
実際の施術に移ります。

糸リフトは組み合わせ可能

糸リフトは、それぞれ特徴があります。

カウンセリングを通して希望を伝えると、一人一人に合ったオーダーメイド施術を提案しています。

どのような肌やフェイスラインを目指しているのか、伝えることが大切です。

糸リフトに関するよくある質問

糸リフトはダウンタイムが短く、肌にメスを入れないので気軽に施術を行えると人気の美容施術です。糸リフトの効果や糸リフトの向き不向きが気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは糸リフトを検討している方から多く寄せられる疑問や質問について一部を紹介します。

糸リフト後メイクはできる?

メイクは施術の翌日から可能です。ただし、糸の挿入箇所を避けるようにしましょう。また、洗顔やシャワーは当日から可能です。

糸リフトはどれくらいで溶ける?

糸リフトで使用する溶ける糸は、糸の素材や個人差によって変わりますが、約2年ほどかけて体内に吸収されていきます。しかし、体内に吸収されたからといって急激に変化はありません。糸が溶けても周辺の皮膚組織に生成されたコラーゲンの効果によって糸が消失した後もしばらく引き上げは持続します。

たるみがなく、美しい肌を維持したい方は糸リフトの効果を途絶えないようにするためにも1〜2年おきの施術がおすすめです。

糸リフトは痛い?

施術を行う際は麻酔を使用するため、痛みを感じにくいです。ただし、糸を挿入する最中は皮膚の下を通っているような感覚を感じることがあります。

施術中に痛みを感じた場合には麻酔が足りないケースもあるので、気軽に医師や看護師に相談しましょう。また、施術後の痛みが消失しない場合は速やかに相談しましょう。

糸リフトの施術は当院へ

糸リフトに興味がある方も糸リフトの種類の豊富さに迷われるかもしれません。

Wクリニック梅田院・心斎橋院では、患者さんとのカウンセリングを重要視しています。

医師に相談しながらメニューを決められます。

安心できる症例数をこなした医師のみが施術に対応しています。

カウンセリングにて不安点や疑問点もお受けしています。

ぜひ、気軽にWクリニック梅田院・心斎橋院へ足を運んでください。

心斎橋院に興味ある方はこちら

心斎橋院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

心斎橋院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院に興味ある方はこちら

梅田院へのお問い合わせ・カウンセリングのご予約はこちらから

梅田院へのお問い合わせ
カウンセリングのご予約はこちらから

記事監修医師プロフィール

Mayumi Adachi

医療法人 涼葵会 理事長

足立 真由美

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院