美容皮膚科でのハイフ治療の全て!効果・おすすめ施術・注意点を徹底解説

「韓国でも人気のハイフ(HIFU)ってどんな美容治療なの?」

「具体的にどんな効果があるの?」

「受けてみたいけれど副作用や痛みが心配」

美容皮膚科で受けられるハイフ(HIFU)に対して、このような疑問を抱いていませんか?

美容皮膚科のハイフは、メスを使わずに顔のリフトアップ効果を得られる美容治療です。

この記事では、美容皮膚科で受けるハイフの基本的な知識と効果について解説しながら、おすすめな人の特徴や施術前に確認したい注意点を紹介します。

ハイフについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

美容皮膚科のハイフ(HIFU)特徴と効果

美容皮膚科のハイフ(HIFU)特徴と効果

まずは、美容皮膚科で受けられるハイフ(HIFU)の特徴と実際に得られる効果から紹介していきます。

具体的な治療方法

美容皮膚科のハイフ(HIFU)とは、High Intensity Focused Ultrasoundの略称で、「高密度焦点式超音波治療法」とも言われています。

肌の引き締めを目的としたリフトアップ治療法の一種として知られる痩身治療方法です。

美容皮膚科で受けるハイフは、超音波エネルギーを引き締めたい部位に照射し、細胞に刺激を与えていきます。

細胞の動きを活性化させることで、肌の弾力を回復させたり肌を内側から引き上げたりできるのがハイフの魅力です。

また、照射した部位の脂肪細胞が減ることにより顔全体をすっきりとさせることができます。

レーザーやIPL・RFでは届かない皮下組織やSMAS筋膜に熱を加えるため、1回の施術でも効果を実感しやすいです。

施術効果

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、顔のリフトアップ効果と肌の引き締め効果を同時に得られます。

目的層に直接アプローチできるので、皮膚表面や周りの組織へのダメージを与えずに肌を引き締める効果を見込めるのがポイントです。

ハイフによって刺激を得た肌は、肌の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンの生成を促します。

メスを入れずに肌のリフトアップと引き締めができるので、ダウンタイムがほとんどないのもハイフが人気を集める理由と言えるでしょう。

施術が可能な部位

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、ほお(頬)やひたい(額)、目の下、あご下、首などさまざまな部位に照射できます。

その中でも、フェイスラインやほお(頬)、あご下、ほうれい線が効果を実感しやすいと言われています。

またハイフは、全ての部位に施術ができるわけではない点に注意が必要です。

身体の骨やリンパ節といった太い血管が集まる部位は、痛みが出やすく照射ができません。

また、静脈が流れる眉間や神経が集中している部位もハイフによる熱感や痛みを感じやすい部分と言われています。

ハイフを受ける前に、引き締めたい部位の施術が可能かどうかを確認しておくのがおすすめです。

美容皮膚科の医療ハイフとエステの美容ハイフの違い

ハイフ(HIFU)には、美容皮膚科で行う施術とエステサロンで行う施術があります。

どちらも効果を得るメカニズムは同じですが、施術を行うスタッフや使用する機種に違いがあります。

そのため、効果の実感度合いにも違いが出るケースもあります。

美容皮膚科で行う医療ハイフは、医療資格を持つスタッフが美容皮膚科で施術する治療方法です。

出力の制限がないため、あらゆる機種を使用して施術を行います。

一方、エステサロンで行う美容ハイフは、医療資格を持たないスタッフが施術する方法です。

医療行為にあたらない範囲で施術を行うため、出力を制限された機種のみを使用します。

効果や料金に違いがあるので、自分に合った方法で施術を受けるようにしましょう。

ハイフはどんな人におすすめ?

ハイフはどんな人におすすめ?

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、以下のような人におすすめの施術です。

  • 顔のたるみが気になる人
  • 糸リフトや外科手術に抵抗がある人
  • まぶたのたるみや目元のシワが気になる人

それぞれの理由をみていきましょう。

顔のたるみが気になる人

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、顔のたるみが気になる人におすすめです。

顔のたるみは、肌の乾燥や紫外線の蓄積が原因といわれています。

また人は年齢を重ねると、顔の筋肉が衰えたりコラーゲンやエラスチンなどの美容成分が減ってしまったりするため、顔がたるんでしまう場合も多いです。

とくに肌のハリを保つエラスチンの分泌量は25歳がピークと言われており、40歳を過ぎると急激に減少します。

ハイフは、直接肌細胞に働きかけることでコラーゲンやエラスチンの生成を促すことが可能です。

年齢による肌の衰えにもアプローチできるため、加齢による顔のたるみが気になる方におすすめです。

糸リフトや医療外科手術に抵抗がある人

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、糸リフトや医療外科手術に抵抗がある人にもおすすめです。

顔のリフトアップや引き締めには、糸やメスを用いた施術方法があります。

しかし人によっては、外科手術での治療に対して抵抗がある場合もあるでしょう。

ハイフは、超音波エネルギーを用いて肌を引き締める施術方法が主流なので、肌を傷つけることなく肌の引き締めができます。

また注射を用いた脂肪溶解の治療とも異なるため、痛み(※)が苦手な人にもおすすめです。

※痛みには個人差があります。痛みに不安がある場合は、施術前に美容皮膚科の医師へ相談することをおすすめします。

まぶたのたるみや目元のシワが気になる人

美容皮膚科のハイフ(HIFU)は、部分的にリフトアップや肌の引き締めができるのも特徴です。

そのため、目元のたるみや目元のシワなど、ピンポイントで引き締め施術を受けたい人にもおすすめです。

ハイフを目元に行うと、目元のたるみ改善はもちろん、目の下の脂肪を排出できたり目元がすっきりして目が大きく見えたりと、さまざまな効果を得られます。

またハイフによる脂肪細胞の破壊で目元の皮下脂肪を減少させると、効果を半永久的に持続させることができます。

超音波の照射によってコラーゲンやエラスチンの生成も促すため、若々しい目元に仕上がるのもポイントです。

さらにハイフは、目の下のたるみによる影クマに悩む人にもおすすめです。目の下のたるみが解消されることによって、クマの改善にもつながります。

施術前に確認!注意点や副作用について

施術前に確認!注意点や副作用について

ここからは、美容皮膚科でハイフ(HIFU)を受ける前に知っておきたい注意点や気になる副作用について解説します。

ハイフの施術後は紫外線を浴びない

美容皮膚科でハイフの施術を受けた後の肌は、非常に敏感な状態です。

外部からの刺激を受けやすいため、紫外線から肌を守る必要があります。

また施術当日は、血行が良くなることや刺激を与えることも避けるのがポイントです。

マッサージをしたり長時間入浴したりせず、肌を十分に休ませることが大切です。

激しい運動や過度の飲酒も控えましょう。

反対に、血行が悪くなる行動も避ける必要もあります。

喫煙や体を冷やすなどの血行が悪くなる行動は、ハイフの効果を薄くしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ハイフの気になる副作用について

美容皮膚科のハイフは、以下のような副作用が出る可能性が考えられます。

  • 乾燥しやすくなる
  • 赤みや腫れ、かゆみが出やすくなる
  • やけどや水ぶくれができる
  • しびれが起きる

ハイフの施術後に刺激を与えてしまうと、肌が乾燥したり赤みや腫れ、かゆみが出やすくなったりする場合があります。

副作用として上記の症状が出ることもありますが、施術後のスキンケアや過ごし方に原因がある場合もあるでしょう。

また美容皮膚科での医療ハイフは、出力制限なく施術ができます。

照射するエネルギー量が多いと高い効果を得やすいですが、一方でやけどや水ぶくれができることも考えられます。

ハイフを受ける際は、医師やスタッフと相談しながら適切なエネルギーで施術を受けるのがポイントです。

稀にしびれが起きるケースもあるので、しびれが治らない場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

美容皮膚科Wクリニックがおすすめするオーダーメイドハイフのご紹介

美容皮膚科Wクリニックがおすすめするオーダーメイドハイフのご紹介

美容皮膚科Wクリニックでは、「ウルトラセルZi(ジィー)」と「ウルトラセルQ+」の2種類の機器を使用したオーダーメイドハイフを提供しています。

Wクリニックのオーダーメイドハイフは、一人ひとりの症状に合わせて照射する施術方法です。

ショット数(照射数)が決められているクリニックが多い中、美容皮膚科Wクリニックでは必要なショット数を照射します。

満足いくまできちんと照射するため、顔の引き締め効果も最大限に実感していただけるでしょう。

また、美容皮膚科のWクリニックはお客様の負担を減らすべく、オーダーメイドハイフの費用を抑えて提供しています。

料金を抑えながらハイフの美肌効果をしっかりと実感したい人は、美容皮膚科のWクリニックのオーダーメイドハイフをぜひご検討ください。

オーダーメイドハイフの詳細はこちら

 

記事まとめ

記事まとめ

ハイフ(HIFU)の施術を美容皮膚科で受ける人や効果をしっかり実感したい人は、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • ハイフは肌の引き締めとリフトアップの効果を同時に得られる
  • メスや糸を使わないのでダウンタイムがほとんどない
  • 医療ハイフと美容ハイフで使用する機械が異なる
  • ハイフの施術後は紫外線を浴びないようにする
  • ハイフの副作用は個人差がある

引き締まった肌は、年齢よりも若々しく見えます。

年齢によるたるみが気になる人は、美容皮膚科がおすすめする効果の高いハイフで肌細胞へとアプローチし、肌の若返りを目指してみてはいかがでしょうか。

免責事項
  • ・本コンテンツの情報は、充分に注意を払い信頼性の高い情報源から取得したものですが、その正確性や完全性を保証するものではありません。
  • ・本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としています。医療上のアドバイスや診断、治療に関しては、必ず医療従事者にご相談ください。
  • ・本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を補償したものではありません。
  • ・本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。