WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

PTPトーニング

PTPトーニングとは

日焼けによるシミやそばかすはもちろん、肝斑の治療ができる優れたレーザー治療法です。
これまで、肝斑にレーザーを当てると炎症を起こし悪化させる危険性があるとしてレーザー治療は禁忌とされていました。
しかし、このTRI-BEAMによるPTPトーニングなら、肝斑を悪化させることなく、シミの原因であるメラニンを少しずつ分解していきます。
顔全体に照射しますので繰り返すうちにシミはなくなり、透明感のある均一な肌を取り戻すことができます。(平均5回~10回)

特徴

今まで肝斑にレーザー治療が禁忌とされていた理由は、レーザーの波長の強さにありました。
従来のレーザービームは中心部分にエネルギーが集中し、端にいくほど弱くなるという性質がありました(ガウシアン型)。

そのため、照射した際にエネルギーの弱い端の方は効果がなく、エネルギーの強い中心部分は炎症を起こし肝斑を悪化させる危険性があったのです。
PTPトーニングは、レーザーをダブルパルス(2分割)で照射するため痛みも軽減され、台形型に均一なエネルギー(トップハット型)を 偏りなく照射することができます。
上記の優れた性能があるため、炎症を起こすことなく安全・確実に治療することができるのです。

通常のレーザートーニングとの違い

従来のレーザートーニング治療を数回照射し、肝斑やしみが改善された場合でも、その後の照射を持続することにより”ハイポピグメンテーション”といわれる症状=いわゆる「白抜け」が出てしまうという報告があります。
(1年以上の照射で稀に白抜け症状が出る方がいらっしゃいます)

しかしPTPトーニングは、白抜けの原因といわれる「サイトカイン」の生成を抑えることができるので、白抜けの心配がありません。

ダウンタイム

施術時間 10分ほどで終了します。
麻酔 ゴムで弾かれたようなパチパチした軽い痛みがございますが、特に麻酔は必要ありません。
痛みが心配な方は麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000必要)
腫れ・傷跡 腫れや傷跡はありません。
直後はレーザー特有の赤みが出ますがしっかりクーリングするのですぐに引いていきます。
通院ペース 1週間開けて頂くと次回の照射が可能です。
はじめの5回はできるだけ間隔を開けずに照射することをおすすめいたします。
お薬 外用薬(別途¥770が必要です)
その日の夜にだけ使用。お顔全体に塗布してください。
メイク 当日より可能。
シャワー・入浴 当日より可能。
備考 ・PTPトーニングを受けられた方は、お顔のレーザー脱毛は1ヵ月ほどあけての施術になります。お顔の産毛が白くなるため、脱毛レーザーが反応しにくくなります。
・まれに湿疹が出る場合がございます。レーザーの熱がこもってしまうのが原因ですが、しばらくしたら引いていきます。その場合は外用薬を湿疹が引くまで塗布して下さい。(ご心配な方はお電話にてお問い合わせくださいませ)
・レーザー照射後は乾燥するので、しっかりと保湿をしてください。

しみとたるみを同時に解消!PTPトーニング+Genリジュビネーション

しみ・肝斑・美白治療の「PTPトーニング」に、お肌の引き締め治療の「Genリジュビネーション」をプラスしたコースです。
全く異なるお悩みを同時にレーザー治療することで、コラーゲンの増殖を促し、しみやたるみだけでなく毛穴の開きやハリ・ツヤを甦らせることが可能です。
お顔だけでなく、両手の甲や首にも照射可能です。

手の甲スペシャルケアコース

お顔のしみ以外に、ご相談が多いのが手の甲のしみです。
手は年齢が出やすい部分でもありますので、お手入れが必要なのですが、なかなかホームケアでは難しい部位でもあります。
しみと一緒に、たるんだ皮膚を引き締めてピンと張った若々しい手に甦らすコースメニューがこちらです。
PTPトーニングでしみやくすみを除去し、Genレーザーを同時に照射することでハリを取り戻します。
最後にケアシスで美白や保湿の薬剤を皮膚の奥まで信用させることで潤いのある美しい手に。

納得して治療できる 肌診断カウンセリングシステム



W CLINICでは、お肌のお悩みでご相談に来られる患者様に無料で肌診断を行っています。
この肌診断カウンセリングシステム「レビュー」は、隠れたしみ等を明確に映し出すことができ、目に見えているしみだけでなく、これから先表面に出てくる潜在しているしみまで映し出すことができます。
自然光LED光源では撮影しきれない、「しみ」「ポルフィリン」「脱色素斑」をUV光源で撮影する最新の肌診断マシンです。
施術前にメイクを落とし、お顔全体の正面と左右の3方向を施術前に撮影します。
明確にお肌の状態を把握することで、その方に合った最適な治療方法をご提案することができます。

お肌の経時変化を記録し、時系列で確認できるフォトカルテ。
W CLINICでは、レーザー治療の際などに施術前と施術後にレビュー撮影し、前後の状態を比べながらカウンセリングを行っています。
陰になりやすい眼瞼周囲もはっきりと確認することができ、拡大機能で細部までリアルに表示できるので、細かいしみや肝斑などの見分けにくい症状も明確に確認することができます。

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.