WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

しわに関するお悩み

しわの種類

しわと一言でいってもいくつかの種類があります。
「表情じわ」・「ちりめんじわ」・「小じわ」・「たるみじわ」・「構造じわ」等、様々です。
「表情じわ」は顔の表面にある筋肉を繰り返し収縮させることでできるしわです。「ちりめんじわ」・「小じわ」は主に紫外線による日焼けや乾燥によってできる浅いしわのことです。
「構造じわ」とは加齢とともにハリが失われ皮膚が垂れ下がってできる「たるみじわ」のことです。
Wクリニックでは、最新の機器や施術法を用いて安全確実にしわトラブルを改善します。

しわの原因

紫外線

日焼けなどによって紫外線が真皮層まで浸透すると肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けます。
すると、みずみずしさやハリを保てなくなりたるみやしわができるのです。
肌へのダメージだけでなく紫外線により目が炎症を起こすと防御反応として全身にメラニンが発生し、しみの原因となります。

肌の乾燥

小じわは乾燥の目印です。表皮の角質層は約15%の水分を含有していますが、水分が不足し乾燥すると柔軟性が失われ、肌は干しあがって地割れした大地のような状態になります。
地割れした隙間からさらに水分が蒸発し乾燥を助長するという悪循環に陥るのです。

加齢

加齢により肌細胞を作り出す力が衰えるとともに、コラーゲンやエラスチンの構造そのものが変化を起こします。
生まれてから使い続けた肌は僅かずつでも疲労を重ね続けているのです。

表情・癖

眉間のしわや笑った時にできる目尻のしわ、目を見開くことでできるおでこの横じわは、知らず知らずのうちに自分自身で作ってしまっているしわです。
この動きを繰り返すことで次第に深いしわとなっていきます。

無理なダイエット

体を構成するのに不可欠な栄養分までも不足してしまい、乾燥や構造が崩れた肌になり、しわが発生してしまいます。

睡眠不足

睡眠中に放出される成長ホルモンは、肌のターンオーバーをスムーズにする役目もしています。
ターンオーバーの遅れが肌のくすみやざらつきとなり新しい細胞の生成を妨げる要因となります。

部位別の治療法

ほうれい線

小鼻のあたりから口角を結んだところにできるしわで、ほうれい線が目立つようになると非常に老けて見えます。10~20代の場合、乾燥肌からしわになり、ほうれい線へと発展するケースが多く、30代以降でほうれい線ができてしまうのはたるみや筋肉の衰えが原因だと考えられます。今まではヒアルロン酸を直接ほうれい線の溝になっている分部に注入し、ふっくらさせてしわを消す方法が主流でしたが、たるみが原因の場合は、頬の上部全体に注入し、たるみを根源から改善させる方法が適応となります。

適した治療法

  • ビスタシェイプ(ヒアルロン酸リフト)
  • プレステージPRP血小板療法
  • PFC療法
  • エランセ注射
  • ヒアルロン酸注射

額のしわ

表情が豊かな人に現れやすく、額のしわが多いほど老けた印象になってしまいます。眉毛を上にあげる癖のある人や、上目遣いで話をしたりする人、無意識に額の筋肉を使って目を開けてしまう人は、額に細かいクセじわができてしまったり、深いしわになりやすいので注意が必要です。

適した治療法

  • ボトックスビスタ®注射
  • ヒアルロン酸注射

眉間のしわ

イライラしたときや、視力が悪いので目を細めてしまう、まぶしいときに目をひそめてしまうといった癖や、字を見たり何か見づらい時に眉間にしわをよせる癖のある人は要注意です。暗く見られたり、気難しい印象になります。眉間に縦ジワができてしまい、気難しい人に見られたり、険しい表情に見えてしまいます。

適した治療法

  • ボトックスビスタ®注射
  • ヒアルロン酸注射

目尻のしわ

目の周りには皮脂線がほとんどなく、皮膚がとても薄い状態にため乾燥しやすく、ちりめんジワと呼ばれる小じわができやすい部位です。笑った時にだけできるクセじわや、真顔のときにも残ってしまっている加齢によるしわなどがあります。

適した治療法

  • ボトックスビスタ®注射
  • ベビーコラーゲン
  • ヒアルロン酸注射

目の下のしわ

目の下のしわは、加齢よって、お肌のハリや弾力が低下することで目立ってきます。目の下にできたしわにより、実年齢よりも老けて見えたり、クマが目立つようになり不健康そうに見えたりします。目の下は非常にデリケートな部位ですので、経験豊富な専門医による施術をおすすめいたします。

適した治療法

  • ベビーコラーゲン
  • ヒアルロン酸注射
  • 炭酸メソセラピー
  • プレステージPRP血小板療法
  • PFC療法

唇のしわ

唇は皮膚でなく粘膜なので、皮膚よりもターンオーバーが早く回復しやすい部分なのですが、皮脂腺がないので乾燥しやすいところです。さらに加齢に伴いコラーゲンの生産が徐々に減っていき、唇の膨らみが少なくなってシワとなります。

適した治療法

ヒアルロン酸注射

あごのしわ

あごのしわとは、唇やあごに少し力を入れたり表情を作るだけで、梅干しのようなしわができてしまうしわのことです。加齢によるしわではなく、下唇のすぐ下からあごの先端近くまで伸びているオトガイ筋が緊張することで起こります。

適した治療法

ボトックスビスタ®注射

しわに適した治療法

注入治療

糸による治療

レーザー治療

メディカルスキンケア治療

注射・点滴治療

その他の治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【育毛・発毛】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.