WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

しみ・肝斑・美白に関するお悩み

しみに関して

しみには様々な種類があり、原因も異なります。
患者様一人ひとりのシミの状態に適した治療法を行う必要があります。

老人性色素斑【ろうじんせいしきそはん】

日焼けをすることで紫外線の影響でできる、一般的なシミです。
日に当たる頬のあたりにできやすく、シミの大きさや色の薄さなどにより治療法を選択します。

肝斑【かんぱん】

主に30代の女性の頬のあたりに左右対称に現れるシミです。
女性ホルモンなど、様々な影響でできると言われています。
頬、鼻の下、目の下、額、口の周りなどに見られるぼやけた感じに広がるしみです。

雀卵斑【じゃくらんはん】(ソバカス)

一般的に、ソバカスと言われているシミのことです。
鼻の周りに小さく無数に出来ることが特徴です。
両親からの遺伝により発生することが多いとされています。

脂漏性角化症【しろうせいかくかしょう】

イボのように盛り上がったシミのことを指します。
30代以降の方に多く見られ、顔だけでなく身体にも現れることが多いのが特徴です。

炎症性色素沈着【えんしょうせいしきそちんちゃく】

やけどやすり傷などの、皮膚の炎症等が原因でできるシミです。
にきび跡や化粧品によるかぶれ、衣服の摩擦などでも起こります。
日焼けなどにより悪化しますので、紫外線対策が不可欠です

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
【こうてんせいしんぴメラノサイトーシス】

青みがかっている、アザに分類されるシミです。
肝斑やソバカスなどと併発することが多く、判別が難しいシミです。

しみはなぜできるの?しみができるメカニズム

シミのもとであるメラニンは、メラノサイトという細胞から作られます。
メラニンは、細胞やDNAを壊してしまう紫外線から肌を守る役目があります。
通常、皮膚のターンオーバーによって約28日かけて皮膚の表面に徐々に押し上げられ、身体の垢と一緒に排出されていきます。
ところが、紫外線を長時間浴びたり、皮膚に刺激が加わるとメラノサイトが活性化して、メラニンがどんどん作られてしまいます。
また、老化や不規則な生活などを続けることによって、肌のターンオーバーのサイクルが崩れていくことで、メラニンが肌の中にとどまり蓄積してしまうことになります。
これが茶色や黒っぽく見えるシミの正体なのです。

身近なところにシミができる原因が!

メラノサイトが活性化し、メラニンが増殖する原因

紫外線、炎症、にきび・にきび跡、触りすぎ・擦りすぎ、女性ホルモン など。

ターンオーバー(皮膚の再生)の乱れで、メラニンが代謝されない原因

加齢、紫外線、ストレス過多、睡眠不足、喫煙 など。

しみに適した治療法

レーザー治療

メディカルスキンケア治療

注射・点滴治療

内服・外用治療/その他の治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.