WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

しみ・肝斑・美白に関するお悩み

しみはなぜできるの?しみができるメカニズム

シミのもとであるメラニンは、メラノサイトという細胞から作られます。
メラニンは、細胞やDNAを壊してしまう紫外線から肌を守る役目があります。
通常、皮膚のターンオーバーによって約28日かけて皮膚の表面に徐々に押し上げられ、身体の垢と一緒に排出されていきます。
ところが、紫外線を長時間浴びたり、皮膚に刺激が加わるとメラノサイトが活性化して、メラニンがどんどん作られてしまいます。
また、老化や不規則な生活などを続けることによって、肌のターンオーバーのサイクルが崩れていくことで、メラニンが肌の中にとどまり蓄積してしまうことになります。
これが茶色や黒っぽく見えるシミの正体なのです。

身近なところにシミができる原因が!

W CLINICのシミ取り治療は「レーザーでシミを取っておしまい」ではありません!!
年々増え続けるシミの撃退はW CLINICにお任せ下さい。

シミの種類を徹底検証

レーザー照射をする

内服外用でフォロー&ケアをする

シミを作らない様にメンテナンス

美白に向けて

◆第1段階◆シミの種類を徹底検証

しみには様々な種類があり、原因も異なります。
患者様一人ひとりのシミの状態に適した治療法を行う必要があります。
  • 老人性色素斑
    【ろうじんせいしきそはん】

  • 肝斑
    【かんぱん】

  • 雀卵斑
    【じゃくらんはん】(ソバカス)

  • 脂漏性角化症
    【しろうせいかくかしょう】

  • 炎症性色素沈着
    【えんしょうせいしきそちんちゃく】

  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
    【こうてんせいしんぴメラノサイトーシス】

シミの種類をしっかり判別するための肌診断レビュー

W CLINICで、お肌のカウンセリングに必ず使用するのが肌診断のレビューです。
シミの相談の際は特にこのレビューが必須で、レビューを元に診察が進みます。

シミには様々な種類があり、その種類をしっかりと判別できずにレーザーを照射してしまうと、逆にシミが濃くなってしまったり取り切れなかったり、悪化したりすることがあります。
経験豊富な医師が、レビューでしっかりとシミの種類を判別することで不適切な施術を避け、そのシミに最適な治療方法をご提案しています。

例えば… 
●肝斑がある部位はシミ取りピコレーザーは禁忌です。
●シミだと思っていたものが実はアザだった場合、レーザートーニングをしても改善しません。
●シミ(老人性色素斑)と肝斑とアザが重なっている場合があります。

このようなケースは決して少なくありませんので、気になる方はまずは診察だけでもおすすめ致します。
肌診断レビューで実際写真を撮ってみると…

シミと肝斑が混在しているケースのレビュー撮影(レーザー照射なし)

レビュー通常撮影・・・正面と左右の3方向からの写真を撮ります。

レビューUV撮影・・・自然光LED光源では撮影しきれない、「しみ」「ポルフィリン」「脱色素斑」をUV光源で撮影します。

レビュー撮影することで、通常の診察だけでは見落としがちなシミの種類を明確に判断することができ、最適な治療法をご提案することができます。
レビュー撮影は無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。(初診料¥3000/再診料¥1000別途が必要なケースあり)

◆第2段階◆レーザー照射をする

シミの治療で代表的なのが「レーザー治療」です。
W CLINICでは、目立つシミをピンポイントで照射する方法と、お顔全体をゆるやかに照射していく方法など、様々なレーザー機器・照射方法がございます。
もちろんレーザー照射が向いていないお肌の方(膨隆疹が出る、赤み・痒みが強く出る)もいらっしゃいますので、レーザー照射だけがシミ治療の方法とは限りません。
ですがレーザー照射で行うシミ治療が、現在の美容医療の中では、最も最短で最も効果的なのは確かです。
【ピンポイントで行うレーザー治療】
使用するレーザー ピコレーザー
特徴 基本的には一度の照射でシミを改善。
濃くて大き目のシミも照射可能。
ダウンタイム 数日は外用薬塗布と大きさや濃さによってはテープ保護が必要。
患部以外はメイク可能。
【お顔全体のシミや肝斑を改善するレーザー治療(トーニング法)】
使用するレーザー PTPトーニング、ピコトーニング
特徴 肝斑の改善が可能なレーザー。
薄くてたくさんあるシミに向いています。
ダウンタイム なし。すぐにメイクが可能。

PTPトーニングとピコレーザー治療を行いました

レーザー照射前
全体的なシミとくすみに加え、左頬に目立つシミがあります。左右の頬に肝斑が出現しています。

レーザー照射後
レーザートーニング効果で肝斑が薄くなっています。お顔全体のくすみも改善し、美白効果で肌ツヤがアップしています。
目立つシミはピコレーザーでピンポイント照射をしています。

UVカメラでもどうぞ!

レーザー照射前(UV撮影)

レーザー照射後(UV撮影)

◆第3段階◆内服外用でフォロー&ケアをする

ピコレーザーなどで目立つシミをピンポイント照射をした際に、照射をして「はい終わり!」ではありません。
照射した患部は、日焼け止めでいくらケアをしても、4~6週間後に二次性の色素沈着をするため、個人差はありますが一旦患部が茶色くなります。
この二次性の色素沈着は、炎症、外傷に伴うメラニンの増生で、3ヶ月ほどで自然に消えていきますが、せっかくシミ取りをして綺麗になったのに、その間またメイクで隠さないといけなくなります。

そこで、最初から二次性の色素沈着を出現させないために、外用薬を塗布し出現を防ぎます。
シミ治療の2週間後の検診でハイドロキノンとトレチノインを処方します。
どちらも医療機関のみで処方できる医薬品で、化粧品の何倍もの有効成分を含んでいます。
二次性の色素沈着だけでなく、薄いシミや色素沈着の改善にも効果的です。

また、肝斑やお顔全体のシミ治療として、トーニングを受けられている方には、内服を併用することで効果アップが期待できます。
ビタミンCやビタミンE、トランサミンの併用をおすすめしています。
レーザー治療と外用薬の外側治療に加え、内服やサプリメントの内側治療で美しい白肌を目指します。

◆第4段階◆シミを作らない様にメンテナンス

●定期的メンテナンスとしてレーザートーニングを受けることをおすすめします
レーザートーニングを定期的に受けておくことで、シミはもちろんのこと、
お肌全体のトーンアップで美白を保ちます。
個人差はありますが、メンテナンスは1ヵ月~2ヶ月に1回程度の照射をおすすめしています。
継続することで、潜んでいるシミ予備軍を撃退し、新しいシミを作らないようにメンテナンスをしていきます。

◆第5段階◆美白に向けて

メンテナンスをしながら、更に美白とお肌の若返りを追求される方には、リラックスしながら受けて頂ける上に効果の高いメディカルエステメニューや、内側からの補給として点滴や注射をおすすめしております。

●メディカルエステ
●点滴Bar

ビタミンやグルタチオン、プラセンタなど、しみ改善や美白に必要な薬剤を直接体内に取り入れます。
W CLINICの点滴Barは、様々な薬剤をカクテルすることができるので、美白を保つには最適な美容内科治療です。

点滴Barはこちら

しみに適した治療法

レーザー治療

メディカルスキンケア治療

注射・点滴治療

内服・外用治療/その他の治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.