WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

ピコスポット(enLIGHTen)

ピコレーザーとは

W CLINICでは、キュテラ社のenLIGHTen(エンライトン)というピコレーザーを使用してしみ治療をしています。
年齢とともに、色が濃くなり、数も増えてくる顔や体のシミ。
シミのないキレイな肌にしたいというお悩みを、即効で解決したい人におススメなのがピコスポット(enLIGHTen)治療です。
濃く出た気になるシミや、大きくて目立つようなシミの部分にピコレーザーを照射するだけのお手軽な治療法です。

特徴

従来、しみ治療に使用されていたのはQスイッチレーザーが主流でした。
Qスイッチレーザーは、ナノ秒という極めて短い時間の照射をすることで、しみ除去を基本的には1回で治療できる治療法でした。
しかし濃いしみや比較的除去しにくい体幹のしみ、しみの種類によっては、数回の治療が必要な場合がありました。
ピコレーザーのピコとは、Qスイッチレーザーのナノと同じく長さを表す単位です。
レーザーは、照射時間が短ければ短いほど皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができます。
その照射時間を短くする研究を重ね、ついにナノ秒より短いピコ秒での照射ができるレーザーが開発されたのです。
それがピコレーザー・enLIGHTen(エンライトン)です。
①標的の粒子の大きさに合わせた照射
肝斑やしみのメラニン色素にはサイズがあり、その大きさは様々です。小さな粒子が残ってしまうと、肝斑やしみはまだら状態になります。
エンライトンは、大きなメラニン色素の粒子を破壊して小さな粒子にしてから、更に小さくなった粒子を破壊することで綺麗にしみを除去することができます。
エンライトンは2ナノ秒と750ピコ秒の2種類のパルス幅(レーザー照射時間)を使用することができますので、2ナノ秒のパルス幅で大きな粒子を破壊してから、750ピコ秒のパルス幅でさらに細かく破壊することが可能です。
そのため、Qスイッチレーザーのようにナノ秒しか照射できないレーザーに比べ、綺麗にしみを消すことができるのです。
②皮膚内に到達する深さ
レーザーの波長は長いほど皮膚の奥深くに到達します。
波長が1064nmと長いYAGレーザー(エンライトン)は、755nmと比較的波長の短いアレキサンドライトレーザーよりも、より皮膚の奥深くまで届きます。
こういった理由から、YAGレーザーの方がアレキサンドライトレーザーよりも深い層にある刺青の除去に優れていることは明らかです。
③痛みが少ないピコレーザー
レーザーを照射すると熱が発生し、その熱が周囲の組織に影響を与えて痛みが発生します。レーザーを照射する時間が長ければ長いほど熱が発生し痛みが大きくなります。エンライトンは最短時間のピコ秒でのレーザー照射のため、従来のレーザーに比べて周囲の組織への熱影響を非常に少なく抑えることができます。そのため痛みを最小限に抑えることができ、麻酔無しでも照射可能となりました。
※それでも痛みがご心配な方には、塗るタイプの麻酔をご用意しております。

ピコスポット(enLIGHTen)の治療過程

照射した部分は薄いかさぶたになり、1~2週間かけて 自然にはがれます。
その間は、外用薬を塗布します。大きく濃いしみは肌色の遮光テープを貼って頂く必要があります。 薄くて小さいしみはテープ保護はいりません。医師の指示にを守って下さい。

ダウンタイム

  • 【施術時間】・・・しみの数によりますが、10分ほどで終了します。
  • 【麻酔】・・・小さいしみは特に麻酔は必要ありません。大きいしみや数が多い場合は、麻酔テープや麻酔クリームを塗布します。(麻酔テープ1枚¥120/麻酔クリーム¥1,000別途必要)
  • 【腫れ・傷跡】・・・腫れや傷跡はありません。
  • 【通院ペース】・・・3日間はテープを貼ります。しみの濃さや大きさによって貼る期間が変わることがございます。その後2週間後に検診となります。
  • 【お薬】・・・外用薬(¥1,080)とテープ代(大¥380 or 小¥170)がかかります。
  • 【メイク】・・・患部以外は当日より可能。患部はかさぶたが取れてから可能。(約3日~2週間)
  • 【洗顔・シャワー・入浴】・・・当日から可能。患部はできるだけ濡らさないように気を付けてください。テープが取れてしまった場合は、替えのお薬とテープでしっかり保護してください。
  • 【備考】・・・かさぶたが取れた後は、二次性の色素沈着を抑えるために、外用薬をおすすめしています。(ハイドロキノン¥1000/トレチノイン¥4000) ※外用薬を使用しない場合は、しみが再発する事がございます。

おすすめ併用治療

肌診断レビュー

納得して治療できる 肌診断カウンセリングシステム

W CLINICでは、お肌のお悩みでご相談に来られる患者様に無料で肌診断を行っています。
この肌診断カウンセリングシステム「レビュー」は、隠れたしみ等を明確に映し出すことができ、目に見えているしみだけでなく、これから先表面に出てくる潜在しているしみまで映し出すことができます。
自然光LED光源では撮影しきれない、「しみ」「ポルフィリン」「脱色素斑」をUV光源で撮影する最新の肌診断マシンです。
施術前にメイクを落とし、お顔全体の正面と左右の3方向を施術前に撮影します。
明確にお肌の状態を把握することで、その方に合った最適な治療方法をご提案することができます。
お肌の経時変化を記録し、時系列で確認できるフォトカルテ。
W CLINICでは、レーザー治療の際などに施術前と施術後にレビュー撮影し、前後の状態を比べながらカウンセリングを行っています。
陰になりやすい眼瞼周囲もはっきりと確認することができ、拡大機能で細部までリアルに表示できるので、細かいしみや肝斑などの見分けにくい症状も明確に確認することができます。
レーザー・RF治療
  1. PTPトーニング
  2. ピコトーニング
  3. ピコフラクショナル
  4. ピコスポット(シミ取り)
  5. ピコレーザー
    (刺青・アートメイク除去)
  6. ピンクピコレーザー
    (乳輪乳頭の美白)
  7. Genリジュビネーション
  8. ウルトラセルQ+(HIFU)
  9. プレミアムイントラジェン
  10. フラクショナルRF
  11. フラクショナルCO2
  12. ニードルフラクショナル
  13. 美肌レーザー
  14. CO2レーザー(ほくろ・イボ除去)
  15. ナチュラルアイリフト
  16. フラクショナルアイリフト
  17. イントラジェンアイシャワー
  18. ワキドライレーザー
  19. リポセル
注入治療
ヒアルロン酸注射
ボトックス注射
  1. ベビーコラーゲン
  2. 目袋たるみ取り注射
    アイバッグソリューション
  3. エランセ注射
  4. リジュラン注射
    (高濃度サーモン注射)
  5. プレステージPRP血小板療法
  6. PFC療法
  7. 水光注射
  8. オスモインジェクター
  9. プラズマシャワー
  10. 炭酸メソセラピー
  11. 臍帯血幹細胞培養上清液
  12. ヒト骨髄幹細胞治療 サイトプロ
レディエッセ注射
  1. BNLS注射
  2. VLS注射
  3. カクテル注射
  4. 輪郭注射
  5. キャロットリポジェクション(人参注射)
  6. 二重あご注射
  7. 脂肪溶解注射
  8. 頭皮炭酸メソセラピー
  9. ダーマペン
  10. ニューダーマローラー
糸(スレッド)治療
スレッド(リフトアップ)
スレッド(引き締め)
スレッド(鼻筋)
手術
  1. 埋没法
  2. 部分切開法
  3. 全切開法
  4. 目頭切開法
  5. 黒目整形
  6. 上まぶたの脂肪除去
  7. 下まぶたの脂肪除去
  8. 上まぶたのたるみ取り
  9. 下まぶたのたるみ取り
  10. 眼瞼下垂手術
  11. 眉下切開手術(アイリフト)
  12. あごのプロテーゼ手術
  13. 鼻尖形成術
  14. 小鼻縮小術
  15. 鼻下短縮術(リップリフト)
  16. 口唇縮小手術
  17. 小陰唇縮小術
  18. 大陰唇縮小術
  19. 膣縮小手術
  20. 陥没乳頭手術
  21. 乳頭縮小手術
  22. 乳輪縮小手術
メディカルエステ
ピーリング
  1. ビタミントリートメント
  2. ケアシス(エレクトロポレーション)
  3. ローズドメーラ
  4. ビオフィート
  5. アンストレストリートメント
  6. エンビロンスペシャルトリートメント
  7. ゼオスキンヘルス
注射・点滴・検査
  1. プラセンタ注射
  2. にんにく注射
  3. 高濃度ビタミンC点滴
  4. プラチナ白玉点滴
    (美白グルタチオン)
  5. 血液クレンジング
  6. 点滴Bar
  7. フードアレルギー検査
  8. 肥満遺伝子検査 DNA SLIM
  9. 肌質遺伝子検査 DNA BEAUTY
内服・外用・その他
  1. 痩美韓方薬
  2. 内服・外用(FAGA治療)
  3. グラッシュビスタ®(まつげ外用薬)
  4. パースピレックス
  5. ピアス
  6. 歯のホワイトニング
  7. 陰部の色素沈着
  8. 乳頭・乳輪の黒ずみ
  9. しみ・美白外用薬
  10. にきび外用薬
アートメイク
  1. メディカルアートメイク
  2. MACオリジナルアートメイク
  3. パラメディカルピグメンテーション
    (傷跡修正メディカルメイク)
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.