WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

ボトックス注射(しわ)

こんなお悩みありませんか?

ボトックス注射とは

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から生産されるタンパク質の「A型ボツリヌス毒素」のことで、筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱める働きがあります。
眉間・目尻・額・あごの梅干しじわなどの、表情じわの改善などに非常に効果を発します。
注入後2日から1週間ほどで効果が表れ、およそ6ヶ月ほど持続します。

特徴

当院のボトックス注射はオーダーメイド治療で行っています。
これまではアメリカ方式で、眉間、目尻など、部位によって決められたボトックス注射の量を一定で投与していましたが、日本人の場合、ナチュラルな仕上がりを希望されることが多いため、それぞれの方の筋肉の強さに応じて、投与量を調節するオーダーメイド治療を行っています。
オーダーメイド治療にすることで、個人個人の自然な表情を保ちシワだけを和らげることができます。
約5分ほどで注入は終了し、ダウンタイムもありません。
3種類のボツリヌストキシンを使用
W CLINICでは、ボトックスビスタ®、イノトックス®、ゼオミン®の3種類のボツリヌストキシンを使用しています。
それぞれに特徴がございますので、どの種類が最適な治療なのかをカウンセリングにてご提案させて頂きます。

ボトックスビスタ(BOTOX VISTA®)

●国内で唯一の承認薬、施注資格を取得
ボトックスビスタは、国内で唯一製造販売承認を取得している、アラガン社製のボツリヌス菌製剤です。
世界80ヶ国以上で治療承認を取得し、世界中で一千万人以上の方がボトックスビスタの美容治療を受けています。
他社製剤との臨床比較試験でも、しわの改善症例や持続期間など、ボトックスビスタのほうが優れているという結果が報告されています。
安全性に関しても、効果に関しても、世界中で最も支持をされている薬剤だということなのです。
W CLINICでは、適切な保管・運送体制が保証された、日本国内向けの正規品であるボトックスビスタを、アラガン・ジャパン株式会社より直接購入しています。
●当院のドクターは、「VST認定医」です。
ボトックスビスタを使用するには、講習・実技セミナーを受講し、施注資格を取得する必要があります。
VSTとは、ボトックスビスタ®の製造元アラガン社が定めている認定医制度のことです。
注入技術を高めるよう、定期的に行われる研修やセミナーに参加しています。
カウンセリングも注入も、同じドクターで行いますのでご安心ください。

イノトックス(INNOTOX®)

●世界初の液状型ボツリヌス菌製剤
イノトックスは、メディトックス社(Medytox Inc.)が開発した世界初の液状型のボツリヌス菌製剤です。
ボトックスビスタ®で知られるアラガン社が製品の販売を行っていますので、品質の高さが認められています。
●イノトックスは、液体ボツリヌス菌製剤です。
これは世界初で、従来のボツリヌス菌製剤は粉末になっており、これを生理食塩水で溶かし液体にして使用していました。
イノトックスは元々液体なので希釈する必要がなく、粉末に比べると、注入する時に注入量に差が出ることはありません。
更に希釈する過程での細菌汚染リスクなどを軽減することができるのが特徴です。
●イノトックスは、動物性由来物質および人血清アルブミンを完全に排除しています。
通常、動物由来物質や人血清アルブミンは安定化剤として使用されています。
しかし、この物質がボツリヌス菌製剤に対する抗体を作る可能性が指摘されているのです。
また、人血清アルブミンに対する副作用として「発熱・低血圧・皮膚炎・じんましん」などがFDAに報告されており、2000年代初頭から欧米諸国では人血清アルブミンや動物由来たんぱく質を医薬品の製造過程で使用しないことを推奨しています。
イノトックスは、このような物質をすべて排除した製剤で、非常に安全性が高いのが特徴です。
●イノトックスと他社製材との持続性の比較
臨床試験の結果では、眉間のしわの改善において、イノトックスのほうが他社製品よりも施術後の改善効果が長期に渡って持続されていることが確認されています。

ゼオミン (Xeomin®)

●継続して使用しても抗体ができにくい安全なボツリヌストキシン
既存のボツリヌス製剤には複合タンパクが含まれており、治療を繰り返し受けることにより、中和抗体を作り出し、ボツリヌストキシン本来の効果を低減させてしまうことが稀にあります。
ゼオミン®は、複合タンパクなどの異物を極力取り除いた、継続して使用しても安全な、純度の高いボツリヌストキシン製剤です。
●最新の高純度ボツリヌストキシン製剤
2011年7月に米国FDA(日本の厚生労働省に相当)で美容目的で認可されており、効果と安全性を認められたボツリヌストキシン製剤がゼオミン®なのです。

ボトックスビスタ®のしわ治療

目尻のしわ

一般的にからすの足跡といわれるしわです。
年齢が出やすい目元のしわで、笑いじわとも言われます。
シワの本数や長さ、深さにより、必要な量を調整します。
平均的には、目尻を中心に周囲5~6か所に注入します。

目尻のしわ治療
眉間のしわ

視力が悪いので目を細めてしまう、まぶしいときに目をひそめてしまう…
などといったクセじわで、険しい表情に見えてしまいます。
この眉間しわを改善することで、優しく若々しい印象になります。
左右の眉の付け根と眉の上、眉間の5~6箇所に注入します。
シワの本数や長さ、深さにより、必要な量を調整します。

眉間のしわ
額のしわ

瞬きをするときなどに額の筋肉を使って目を開けてしまう人は、額に多数のしわができてしまいます。
額全体に注入するので、しわの数によって注入回数が変わります。
平均的には、5~8か所に注入します。

額のしわ
あごの梅干しじわ

元々あごがあまり出ていない人は、少し唇やあごに力を入れたり表情を作るだけで、梅干しじわができてしまいます。
梅干しじわのできる部分に、ボトックスビスタ®を注射するだけで、筋肉の働きを抑制し、力が入っても梅干しじわをできないように改善します。

あごの梅干しじわ

ダウンタイム

施術時間 10分ほどで終了します。
麻酔 なし。
痛みが心配な方には、麻酔テープ(1枚¥120)か麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000必要)
腫れ・傷跡 注射のため腫れはありません。直後は針穴程度の傷跡と赤みができますがすぐに消失します。
体質により稀に内出血が出る場合がありますが、メイクで隠せる程度です。打ち身と同じなので数日で改善します。
通院ペース 検診は特になし。4~6ヵ月に1回の注入をおすすめします。
お薬 なし。
メイク 当日より可能。
シャワー・入浴 シャワーと入浴は当日より可能。
洗顔は患部を強く擦らないように注意。
しばらくの間は温泉やサウナは避けて下さい。
備考 必要以上に患部は触らない様にしてください。
注入部分のマッサージは避けて下さい。
5日~14日ぐらいで徐々に効果が出てきます。種類により持続期間は異なります。
効果が完全になくなる前に追加注入すると効果が持続しやすいため、継続治療をお勧めしています。

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【育毛・発毛】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.