WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

ヒト骨髄幹細胞治療 サイトプロ

ヒト骨髄幹細胞とは

人間の細胞は、「生体信号」という特別な言語を使用して、それぞれのコミュニケーションをとっています。
その生体信号が「サイトカイン」といい、成長因子と呼ばれるものです。
サイトカインにはさまざまな種類があります。
皮膚や血管や筋肉などの細胞を増殖するものや、発毛・増毛を促すもの、抗炎症・傷の治癒効果のあるものなどその働きは多岐に渡り、現在再生医療の現場でも盛んに用いられています。

骨髄由来の幹細胞は血液を通って全身を調べ、傷や損傷を発見すると生体信号サイトカインを使って指令を出します。
コラーゲンのような結合組織の合成や増殖を促進したり、傷を修復したり、細胞組織の再構築をしたり、炎症、免疫などにも重要な役割を果たしています。

骨髄の幹細胞は、加齢とともに減少します。
10代のうちから減少傾向がみられ、30代になると乳児の持つ幹細胞の数に対して4%まで減少すると言われています。
齢を取ると、傷が治りにくくなったり、肌のターンオーバーが乱れてシミやたるみが気になるのは幹細胞の減少が原因なのです。

幹細胞は、古くなって傷ついてしまった細胞を入れ替えるために、サイトカインを使って新しい細胞を作る働きをしています。
つまりは、サイトカインの補給が若返りに必須だということなのです。

ヒト骨髄幹細胞培養液「サイトプロ」

ヒト骨髄幹細胞培養液 サイトプロは、厳しいヘルスチェックをパスしたドナー(平均年齢20才)の骨髄から取り出した間葉系幹細胞から作られます。
FDA(アメリカ食品医薬品局)規制に準拠した管理体制のもとで採取・培養・保管がおこなわれ、厚生労働省が定めるヒト由来成分に関するガイドラインにも準じています。
※脂肪由来と比べて急性の炎症をおこすサイトカインは含まれていません。
サイトカインは、人間の体内におよそ800種類ほど存在すると言われています。
W CLINICで使用しているサイトプロには、様々なサイトカインの中でも特に「TGF-β3」と呼ばれるサイトカインが多く含まれています。
TGF-β3は、上皮細胞や血管内皮細胞の増殖や新生を促進する働きがあると言われています。

ヒト骨髄幹細胞培養液「サイトプロ」
治療方法

W CLINICでは、プラズマシャワーで肌深部まで浸透させる方法、
フラクショナルCO2の直後にサイトプロを浸透させる方法の2種類で行っています。
また、サイトプロはお持ち帰りして頂けますので、
ご自宅でのスキンケアとしてもお使いいただけます。

プラズマシャワーで注入

プラズマシャワーという機械を使用し、皮膚・血液・表皮組織には衝撃を与えず、直接 ヒト骨髄幹細胞培養液サイトプロを真皮内に届けることができます。プラズマシャワーを照射すると、お肌の細胞接着分子が一時的に切断され、皮膚の吸収率を飛躍的に高めます。
その状態でサイトプロを浸透さすことで、皮膚疾患の治療、滅菌、吸収性、皮膚の再生、抗色素沈着、弾力性の向上に特に効果を発揮します。

フラクショナルCO2と併用

目に見えないほどの微細な穴が皮膚に開き、熱エネルギーも届きお肌の再生を促す治療法です。レーザー後、同時にサイトプロを届けるためより吸収効率が高まります。

ホームケアとして

サイトプロは、ご自宅でのホームケアとしてもご使用いただけます。水光注射やオスモインジェクターの施術をした後に塗布して頂くと、更に効果がアップします。

フラクショナルCO2と併用

フラクショナルCO2レーザーと併用することで、より効率的にヒト骨髄幹細胞培養液を肌の奥まで送り届けることができ、高い効果を発揮します。
傷ついたお肌を癒し、炎症を抑えお肌を再生させます。
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【育毛・発毛治療】
【その他】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.