WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

ピコフラクショナル(enLIGHTen)

ピコレーザー(エンライトン)を使用して、あらゆるお肌のお悩みに対応したメニューがピコフラクショナルです!

フラクショナルレーザー治療とは

フラクショナルレーザー治療とは、お肌に対して目に見えない程の極小の穴を無数に作り、この技術を搭載したレーザーをフラクショナルレーザーとよびます。
肌を入れ替える種類(スキンリプレイスメントまたはスキンリサーフェシング)のレーザーで、従来からフラクショナルCO2や、フラクショナルRFなど様々な種類があります。
肌の再生力によってコラーゲンを活性化させ、老化した肌自体を入れ替えることにより、新しい肌に生まれ変わらせることができ、ダメージを受けた皮膚は、創傷治癒過程においてコラーゲンの新生・増殖が起こることで、リフトアップ効果や肌の弾力を取り戻し、肌細胞を内側から若返らせることができます。
肌を改善するだけではなく、肌を入れ替えて若い頃の肌に戻してしまう治療を行えるのがフラクショナルレーザーの特徴です。

ピコフラクショナル(enLIGHTen)とは

W CLINICでは、キュテラ社のenLIGHTen(エンライトン)というピコレーザーを使用してフラクショナル治療を行います。
ピコレーザーのピコとは、長さを表す単位です。
レーザーは、照射時が短ければ短いほど皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができます。
その照射時間を短くする研究を重ね、ついにナノ秒より短いピコ秒での照射ができるレーザーが開発されたのです。
それがピコレーザー・enLIGHTen(エンライトン)です。

フラクショナルレーザーは痛い?!
ピコフラクショナルは痛みを最小限に抑えることができます。

レーザーを照射すると熱が発生し、その熱が周囲の組織に影響を与えて痛みが発生します。レーザーを照射する時間が長ければ長いほど熱が発生し痛みが大きくなります。エンライトンは最短時間のピコ秒でのレーザー照射のため、従来のレーザーに比べて周囲の組織への熱影響を非常に少なく抑えることができます。そのため痛みを最小限に抑えることができ、麻酔無しでも照射可能となりました。
※それでも痛みがご心配な方には、塗るタイプの麻酔をご用意しております。

ダウンタイム

施術時間 10分ほどで終了します
麻酔 痛みが心配な方は麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000必要)
腫れ・傷跡 レーザー照射特有の赤みは出ますがすぐに引いていきます。傷跡はありません。
通院ペース 2〜3週間に1回
お薬 外用薬(炎症を抑えるお薬です)
メイク 当日より可能。
シャワー・入浴 シャワーは当日より可能。
入浴は当日より可能ですが、お体を温めると腫れが長引く場合がありますので、長時間の入浴は避けて下さい。
美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
【その他】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【注入による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
【その他】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.