WCLINIC/Wクリニック/ダブリュークリニック 大阪・心斎橋・美容眼科・美容皮膚科・美容内科・美容外科・育毛・メンズクリニック

にんにく注射

にんにく注射とは

にんにく注射の成分であるビタミンB1はエネルギー源である糖質を分解して、実際に必要なエネルギーに変えるのを手助けしてくれます。
また、疲労の原因である血液中に蓄積した「乳酸」を分解して エネルギーに変える働きがあります。
ビタミンB1が不足すると、摂取した糖質からエネルギーを作り出せなくなり、疲労物質である「乳酸」の分解も進まなくなるので、疲労が溜まるようになりだるさが続いてしまうのです。
にんにく注射は、疲労回復に必要不可欠なビタミンを身体に与えてくれ元気にしてくれます。
即効性もあり、肉体疲労には非常に効果的です。
個人差はありますが、定期的に注射を打つのであれば1週間~2週間に1回くらいというのが平均的です。
運動をしている方や仕事がハードな方、ストレスの多い方は1週間に2~3回の接種をお勧めしています。
にんにく注射の成分はビタミン群なので、重篤な副作用はなく、過剰投与されたとしても尿から排出できます。

にんにく注射って臭くない?

にんにく注射という名前なので、にんにくのすりおろしのようなものを注射するわけではありません。
ビタミンB1などを主成分とする薬液を注射するので、このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルという成分がにんにくに似たにおいがするので、にんにく注射と呼ばれるようになったのです。
このにおいはすぐに消失し、揮発性成分はありませんので吐く息がにんにく臭くなるといったこともありませんのでご安心ください。
ビタミンB1は、健康や美容を保つうえで非常に重要な役割を果たしています。
全胚 内分泌細胞の活性化、疲労回復を促進
胸腺 免疫システムの強化、ウイルス侵入への対抗、若返り
全脳 記憶力強化、脳細胞の活性化促進、痴呆症予防
卵巣(女性) 血管や肌の弾力性、月経の調整、更年期障害と妊娠障害を遅らせる、うつ病の緩和
精巣(男性) 男性ホルモンの産生のバランスを調整、血中脂肪やコレステロール減少、性欲低下を抑止

おすすめ併用治療

美容眼科メニュー
【手術】
【レーザー治療】
【注入治療】
【糸による治療】
美容外科メニュー
【鼻の治療】
【あごの治療】
【小顔の治療】
【口元の治療】
【婦人科の治療】
【バストの治療】
【多汗症の治療】
【痩身の治療】
【アンチエイジングの治療】
美容皮膚科メニュー
【レーザー治療】
【糸による治療】
【メディカルエステ治療】
【ほくろ・イボ】
【脱毛治療】
【外用薬治療】
【その他の治療】
美容内科メニュー
【注射・点滴治療】
【検査】
TOP / 当クリニックの紹介 / 美容眼科 /  美容外科 / 美容皮膚科 / お悩み別 / 料金一覧 / プライバシーポリシー
Copyright c W CLINIC. All Rights Reserved.