美容皮膚科で受けられる保険適用の治療はある?自費治療との併用もおすすめ

なぜシミ取りなど美容皮膚科での治療は、健康保険が適用されない場合がほとんどなのか、その理由を知っていますか?

一般的な皮膚科での治療は、保険証が使えるので原則3割の費用負担で済みます。

一方美容皮膚科では医師の診断によっては健康保険が適用される場合がありますが、ほとんどの治療が自由診療となり、支払いは自己負担です。

場合によっては、自由診療と保険診療を組み合わせるといった方法もあります。

この記事では、美容皮膚科で受けられる保険適用の治療について詳しく解説します。

美容皮膚科で行う治療の多くはなぜ保険適用されないの?

美容皮膚科で行う治療の多くはなぜ保険適用されないの?美容皮膚科での治療は、ほとんどが保険適用されません。それは美容目的の医療が健康保険の対象にならないためです。

しかし、医師の診断結果によっては保険診療の対象になる場合があります。

詳しい基準はクリニックで医師の診察を受ける必要がありますが、ここで大まかな「美容」と「医療」の違いを解説します。

美容と医療の線引き

皮膚科で保険が適用されるのは「肌の病気や傷の治癒」が目的の治療だからです。

それに対して、美容皮膚科における治療の主な目的は「美肌を追求すること」であるため、ほとんどの治療が保険適用外となります。

保険適用される 病気や傷の治癒が目的
保険適用されない 肌を美しくするのが目的

具体例

  • ニキビの治療……保険適用される
  • ニキビ跡の治療……保険適用されない

ニキビは皮膚疾患の一種です。そのまま放置すると炎症が悪化し、※ニキビ跡が残るリスクがあるため、治療は医療行為として認められ保険適用の対象になります。

※ニキビ跡……ニキビの炎症によって皮膚の組織が破壊され、瘢痕(はんこん)として残ってしまう状態。

 

一方、ニキビ跡の治療は一般的に美容目的とみなされ、保険適用外となり自由診療としておこなわれます。

ニキビが治癒したあとに残る瘢痕(はんこん)や色素沈着は、医学的には病気とは判断されないためです。

そのため、美容皮膚科のニキビ跡の治療でよく用いられるレーザー治療やケミカルピーリングなどは全額自己負担となります。

 

ただし、ニキビ跡の症状が非常に重度で、患者の社会生活に支障をきたすレベルであると医師が診断した場合は、例外的に保険適用となる可能性があります。

同じ薬でも保険適用と保険適用外があるのはなぜ?

美容目的で使用される薬は、健康保険の適用外です。

しかし、医師が診察したうえで肌トラブルの原因が病気やけがであることが認められた場合は、保険適用で薬が処方されます。

たとえば、シミ予防などで処方される内服薬「トラネキサム酸」や「ビタミン剤」は美容目的の場合は自費となります。

一方でやけどによるシミの治療やニキビの炎症を抑える目的で処方される場合は、保険が適用されます。

次の項目では、保険適用できる主な治療を紹介します。

保険適用できる代表的な治療

保険適用できる代表的な治療皮膚科での治療が保険適用されるかどうかは、治療の目的によって判断されます。

保険が適用される代表的な治療を以下にまとめました。

内服薬・外用薬

次の表は、保険診療が可能な皮膚の症状と治療法をまとめたものです。

病名 症状 治療法 内服薬 外用薬
ニキビ 赤ニキビ、白ニキビ、化膿ニキビ、吹き出物 内服 / 外用 / 漢方処方、面皰圧出※
アトピー性皮膚炎 かゆみ、色素沈着 内服 / 外用 / 漢方処方
ヘルペス 単純ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹 内服 / 外用 / 漢方処方
蕁麻疹・アレルギー 発疹、かゆみ、花粉症、蕁麻疹、ハウスダスト、食物、各種アレルギー 内服 / 外用処方、点滴治療、アレルギー検査
接触皮膚炎 ジュクジュク症状、ピアストラブル、水ぶくれ 内服 / 外用処方
肌荒れ・乾燥 かさかさ症状、かゆみ 外用薬 / 保湿剤処方

※面皰圧出……にきびをグッと押して、中に詰まっている膿や皮脂や古い角質などを押し出す治療法。保険が適用される治療で、皮膚科では一般的に広く行われています。

保険適用となる薬には、抗生物質やビタミン剤、漢方薬などの内服薬や、コメド治療薬と呼ばれる毛穴の詰まりを改善する外用薬(塗り薬)などがあります。

レーザー治療

保険が適応されるレーザー治療には、黒あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)・茶あざ(扁平母斑)の治療に関するものが対象です。

これらは外見のみで判断するのが難しいため、皮膚科専門医による診療・診断が必須となります。

また、ほくろやイボのレーザー治療は保険適用外ですが、皮膚腫瘍摘出や病理組織検査など一部の診療には保険が適用されます。

自費の美容医療と組み合わせるのもおすすめ

自費の美容医療と組み合わせるのもおすすめ保険診療も行っている美容皮膚科では、保険適用の治療と、自由診療の美容医療を組み合わせられる場合があります。

そもそも「肌の悩みはひとつだけ」という人は少なく、シミ・そばかすや毛穴の開きなど、さまざまな悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

保険が適用されるメニューはあくまで病気の治療が目的のため、美肌の追求という点では十分に満足できない可能性も考えられます。

選択肢が豊富で、美容効果が高い自由診療と組み合わせれば、さらに肌への自信がもてるようになります。

保険診療と保険外診療を併用する時の注意点

日本国内では、保険診療と自由診療を同時に受けられない※決まりがあります(例外を除く)。

そのため、クリニックによっては保険適用の治療と自由診療の治療の日を別日に設定し、複数回の通院が必要になる場合があります。

※混合診療の禁止

混合診療の禁止 参照サイト
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/heiyou.html

混合診療の禁止 参照サイト
https://www.miuskin.com/2008/09/02/855

まずは美容皮膚科で診療!お悩みの場合は医師へご相談ください

まずは美容皮膚科で診療!お悩みの場合は医師へご相談ください美容皮膚科を選ぶなら、自由診療と保険診療どちらも取り扱う美容クリニックがおすすめです。

医師の診断内容によっては、一部保険が適用され、治療にかかる費用を抑えられるかもしれません。

関西に拠点をもつ「Wクリニック」では、土日祝日も診療可能な皮膚科を併設しています。

保険適用の範囲や、自由診療の中でも費用負担が少ないプランなど、経験豊富な専門医が親身に対応。

来院が難しい人には、より便利なオンライン診療をご利用いただけます。

肌の悩みを抱えている人、どの治療を受ければ良いか分からない人は、ぜひ一度美容皮膚科の医師に相談してみてください。

まとめ:保険診療と自由診療がある美容皮膚科を選び、治療の選択肢を広げよう

まとめ:保険診療と自由診療がある美容皮膚科を選び、治療の選択肢を広げようこの記事のポイントを以下の3点にまとめました。

1.美容皮膚科での治療は、ほとんどが保険適用外となる

 ・美容目的の医療は健康保険の対象にならないため

 ・ただし、医師の診断結果によっては保険診療の対象になる場合もある

 ・保険適用されるのは「肌の病気や傷の治癒」が目的の治療のみ

2.保険適用できる代表的な治療

 ・内服薬・外用薬/ニキビ、アトピー性皮膚炎、ヘルペス、蕁麻疹・アレルギー、接触皮膚炎、
肌荒れ・乾燥などの症状に対して処方されるもの

 ・レーザー治療/黒あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)に適用可能だが、
皮膚科専門医による診断が必須

3.自費の美容医療と組み合わせるのもおすすめ

 ・保険適用の治療と自由診療の美容医療を組み合わせることで、複数の悩みを解決し、美肌を目指すことが可能

 ・ただし、保険診療と自由診療を同日に受けられない場合があるため注意が必要

 

肌の悩みがあり、保険診療の対象かどうか迷っている人は、まずは美容皮膚科で医師に相談してみましょう。

美容皮膚科での相談は、自分に合った治療法を見つけられる近道です。

免責事項
  • ・本コンテンツの情報は、充分に注意を払い信頼性の高い情報源から取得したものですが、その正確性や完全性を保証するものではありません。
  • ・本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としています。医療上のアドバイスや診断、治療に関しては、必ず医療従事者にご相談ください。
  • ・本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を補償したものではありません。
  • ・本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。